タイトル等
TOPコレクション
琉球弧の写真と映像
会場
東京都写真美術館
3F展示室
会期
2020-09-29~2020-11-23
休催日
毎週月曜日(ただし、11月23日[月・祝]は開館)
開催時間
10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般600円、学生480円、中高生・65歳以上300円
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
主催者
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
協賛・協力等
助成=公益財団法人ポーラ美術振興財団
概要
「TOPコレクション」は東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。
本展では、「琉球弧の写真」と題し、35,000点を超える当館コレクションの中から、新規収蔵作品を中心に、沖縄を代表する7名の写真家(山田實、比嘉康雄、平良孝七、伊志嶺隆、平敷兼七、比嘉豊光、石川真生)の多種多様な写真表現を紹介します。
沖縄は、日本の他の地域とは異なる風土や歴史を背景に、独自の文化を育んできました。
本展出品作品の多くは、1960年代から70年代にかけての沖縄で撮影されています。市井の人々の暮らしや、大きなうねりとなった復帰運動、古くから各地に伝わる祭祀などを写した作品は、それぞれの写真家にとって、キャリア初期の代表作となっています。
沖縄に暮らし、沖縄にレンズを向けた7名の写真家の作品には、本島のみならず、琉球弧(奄美群島から八重山列島にかけて弧状に連なる島々)全体を見据えたまなざしがあり、様々な角度から、この土地固有の豊かさと同時に、沖縄が直面する困難を写し出しています。
本展はこれまで沖縄県外の公立美術館で紹介されることが少なかった、沖縄を代表する写真家の作品を網羅的に紹介する初の展覧会です。本展が、琉球弧の多様な文化や島々の歴史を今に伝える出品作品を通して、沖縄について思いをめぐらす機会となれば幸いです。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3838.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索