タイトル等
日・チェコ交流100周年
ミュシャと日本、日本とオルリク めぐるジャポニスム
会場
静岡市美術館
会期
2020-04-11~2020-05-24
概要
チェコ出身でジャポニスムに沸くパリで活躍したアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の絵は、1900年創刊の雑誌『明星』で紹介され、藤島武二ら日本の画家たちに影響を与えました。また、プラハ生まれのエミール・オルリク(1870-1932)は、1900年から翌年にかけ来日。浮世絵版画を学び欧州に新たな木版表現をもたらした一方、滞日中に制作した石版画は日本の画家たちを大いに刺激しました。これらの動きは、グラフィックを介したジャポニスムとその還流と捉えられます。本展ではミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派や明治・大正期のポスター、版画、書籍など400点以上を展示し、表現の東西交流を探ります。
展示替え情報
※期間中展示替えがあります。
ホームページ
http://www.shizubi.jp/exhibition/future_200411.php
会場住所
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
交通案内
○ 電車
JR 静岡駅北口より 地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道 新静岡駅より 徒歩5分

○ 新幹線
東京駅・名古屋駅から 東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から 東海道新幹線ひかり号で約2時間

○ 車
東名 静岡ICより 約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。

○ 空路
富士山静岡空港より 静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
ホームページ
http://www.shizubi.jp/
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索