タイトル等
眠りの理由 国立美術館コレクションによる展覧会(仮称)
会場
東京国立近代美術館
企画展ギャラリー
会期
2020-11-25~2021-02-23
休催日
月曜日(1月11日は開館)、年末年始
(12月28日[月]-2021年1月1日[金・祝])、1月12日[火]
概要
東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立新美術館、国立映画アーカイブ、京都国立近代美術館、国立国際美術館の6館からなる独立行政法人国立美術館は、美術振興の中心的拠点としてそれぞれの館の特色にあわせた、個性豊かで多彩な活動を展開しています。国立美術館では、その豊かなコレクションの一端を紹介する展覧会として、これまでに「陰影礼讃」(2010年)、「No Museum,No Life?――これからの美術館事典」(2015年)を共同で開催してきました。3回目となる本展のテーマは、「眠り」です。
睡眠は、生命活動を維持するために欠かせないものです。また、睡眠に呼び起こされる夢は、超現実的な世界を見せたり、無意識的な願望を映し出したりすることから、多くの芸術家を刺激し、創作へと駆り立ててきました。
本展は、眠っている人の姿を描いた作品から、夢の情景を具象化したような作品、あるいは眠りというテーマをより広い意味で考えさせる現代美術など、様々な地域や時代、ジャンルから選りすぐった約120点によって構成されます。心身の休息ということにとどまらない「眠りの理由」を探り、眠りの持つイメージを更新することを目指します。
展示替え情報
*作品保護のため、会期中、展示替を行います。
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
https://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索