タイトル等
分離派建築会100年展
会場
パナソニック汐留美術館
会期
2020-10-10~2020-12-15
概要
日本で最初の近代建築運動とされる「分離派建築会」は、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守により1 9 2 0 年に結成され、新たな会員も迎えながら1928年まで定期的な作品展と出版を展開しました。明治から大正への社会の変革期、建築界も日本独自の様式を求めていました。そして若い彼らも新しい建築を自己の内面から生みだそうと思索します。本展は彼らの軌跡を、瑞々しい感性に裏打ちされた建築作品や活動資料とともに紹介します。
会場住所
〒105-8301
東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
交通案内
JR新橋駅「烏森口」「汐留口」「銀座口」より徒歩約8分
東京メトロ銀座線新橋駅「2番出口」より徒歩約6分
都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分
都営大江戸線汐留駅「3・4番出口」より徒歩約5分
ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分
ホームページ
https://panasonic.co.jp/ls/museum/
会場問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索