タイトル等
企画展
〈対(つい)〉で見る絵画
組み合わせを楽しもう!
会場
根津美術館
会期
2020-01-09~2020-02-11
休催日
毎週月曜日 ただし1月13日(月・祝)は開館し、翌14日(火)休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 1100円 学生 800円
20名以上の団体、または障害者手帳提示者および同伴者1名は200円引き、中学生以下は無料
【前売券】一般 900円 学生 600円 「江戸の茶の湯」展 開催期間中(11月16日~12月23日) 根津美術館ミュージアムショップにて販売
概要
東洋の絵画には、二幅対(にふくつい)や三幅対(さんぷくつい)など、複数の掛幅からなる対幅(ついふく)や、右隻(うせき)と左隻(させき)で1双(そう)となる屏風など、〈対〉で成り立つ作品が数多くあります。対幅は全体としてだけではなく、単幅や異なる組み合わせでも鑑賞できる性質をもっています。そのため、伝来の途中で四幅対が2幅ずつに分割されたり、あるいは逆に別々の作品が組み合わされて対幅に仕立てられるということもおこりました。
この展覧会では、「〈対〉で見る絵画」の各幅・各隻相互の連続性や独立性、対比のおもしろさや全体の完結性など、その見どころの多様さをお楽しみいただきます。合わせて、刀装金具に表された対の図様にもご注目ください。
イベント情報
※参加は無料ですが、入館料をお支払いください。
・講演会「屏風―繋(つな)げる画面・較(くら)べる画面―」
1月25日(土)午後2時~3時30分
講師 榊原 悟 氏(岡崎市美術博物館 館長)
根津美術館 講堂 定員 130名 事前申込制(先着順)
【申し込み方法】12月18日(水)午前10時より受付開始(往復はがきは当日の消印より有効)。
当館ホームページの「イベント情報」の申込みフォームから、または往復はがき(1参加者につき1枚)に参加を希望されるプログラム名・住所・氏名(返信面にも)・電話番号を明記の上、〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係宛にお送りください。

・スライドレクチャー「〈対〉で見る絵画」
1月17日(金)、31日(金)
いずれも午後2時から約45分(午後1時45分開場)
講師 松原 茂(当館 学芸部長)
根津美術館 講堂
定員 各回130名 事前申込不要(先着順)

特別催事
・茶室で楽しむ椿のこころ ―「百椿図」に寄せて―
いけばな草月流 勅使河原 茜 家元
1月24日(金)~26日(日) 午前10時~午後4時 ※ただし26日(日)は午後3時まで
※開催する茶室は、決まり次第、ホームページ等でお知らせします。
※観覧は無料ですが、入館料をお支払いください。 事前申込不要

・根津青山(ねづせいざん)をしのんで ―青山80回忌茶会―
2月6日(木) 事前申込制(先着順)・有料
※詳細は、決まり次第、当館ホームページ、催事チラシにてお知らせします。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索