タイトル等
藍染の絞り 片野元彦の仕事
会場
日本民藝館
会期
2019-04-02~2019-06-16
休催日
月曜(但し4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館4時30分まで)
観覧料
一般1100円、大高生600円、中小生200円
協賛・協力等
出品協力・工房草土社、株式会社竹田嘉兵衛商店
概要
天然藍による絞り染の第一人者として知られ、「片野絞」と呼ばれる独自の技法を確立した片野元彦(かたのもとひこ)(1899~1975)。本展では、片野が制作した藍染による絞り染の着物や飾布、暖簾などの逸品を紹介します。また、父・元彦の仕事を支え続けた絞り染作家の片野かほり(1932~2016)の作品も併せて展示。藍と白が醸しだす、絞り染の魅力をご堪能ください。
イベント情報
記念講演会 片野元彦のこと 〔講師〕藤本巧(写真家)
5月18日(土) 18時-19時半
料金・300円(会員以外は別途入館料が必要、要予約)
ホームページ
http://www.mingeikan.or.jp/events/special/201904.html
会場住所
〒153-0041
東京都目黒区駒場4-3-33
交通案内
電車をご利用の場合
・京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
・小田急線「東北沢駅」南口から徒歩15分

バスをご利用の場合
※バスは本数が少ないためご利用の際はご注意ください。
・渋谷駅西口バス乗り場より
東急バス
渋55系統 代々木上原・東北沢経由幡ヶ谷折返所行き
「代々木上原」下車 徒歩8分

お車をご利用の場合
・駐車台数に限りがございますので(3台)、なるべく公共の交通機関をご利用願います。
・環状6号線(山手通り)の三叉交差点(東大裏門付近、ガソリンスタンド有り)を東北沢方面へ向かう道に入り、上原二丁目の信号機を左折、突き当たりを右折しますと間もなく右側にあるのが日本民藝館、左側が駐車場となっております。
・周辺道路が狭く一方通行のため、通行は中型バスまでが可能です。大型バスでお越しの際は事前にご連絡下さい。
ホームページ
http://www.mingeikan.or.jp/
東京都目黒区駒場4-3-33
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索