タイトル等
ファッション イン ジャパン 1945-2020
流行と社会
会場
国立新美術館
企画展示室1E
会期
2020-06-03~2020-08-24
会期変更 未定
主催者
国立新美術館、島根県立石見美術館、読売新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
協賛・協力等
共催|経済産業省
2019年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業
概要
「日本のファッション」、あなたは何を思い浮かべますか?
What Does Japanese Fashion Remind You Of?

1970年代以降、日本人が生み出した装いの文化は、その独自の展開から世界からも注目されてきました。
本展は、そうした豊かな表現を生み出すきっかけとなった明治期以降の社会状況や流行といった現象を発端に、戦後から現在に至るまでの日本のファッションを包括的に紹介する展覧会です。
衣服だけでなく、写真、雑誌、映像といった豊富な資料を通して、流行の発信者と衣服をまとう私たち、そしてその両者をつなぐメディア、それぞれの軸から各時代のファッションを社会現象とともに紐解いていきます。
戦中戦後の国民服やもんぺの時代から、国際的に華々しい活躍を見せた日本人デザイナーの作品、日本の若者から発信されたKawaii文化まで、世界に誇る日本のファッション文化のすべてをご覧いただきます。
ホームページ
https://fij2020.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
交通案内
電車
・東京メトロ千代田線乃木坂駅
青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・東京メトロ日比谷線・大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
バス
・都営バス
六本木駅前下車徒歩約7分
青山斎場下車徒歩約5分
・港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂
循環ルート六本木七丁目下車徒歩約4分
※運行系統、バス乗場については
各事業者にお問い合わせください。
ホームページ
https://www.nact.jp/
会場問合せ先
ハローダイヤル(03-5777-8600)
東京都港区六本木7-22-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索