タイトル等
生誕120年記念
塩谷定好展
会場
島根県立美術館
展示室4・5
会期
2019-08-23~2019-11-18
休催日
火曜日(ただし10月22日は開館)
開催時間
10:00~日没後30分
3月~9月 10:00~日没後30分
10月~2月 10:00~18:30
(展示室への入場は閉館時刻の30分前まで)
観覧料
一 般:300(240)円
大学生:200(160)円
高校生以下無料
※()内は20名以上の団体料金。
※企画展と同日に観覧の場合は半額になります。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料。
概要
大正末から昭和初期に一世を風靡した絵画のような写真、「芸術写真」。写真家・塩谷定好(1899-1988)は、その代表的な写真家として知られています。しかし、はたしてそれだけなのでしょうか?
1982年、塩谷はドイツのケルンでフォトキナ栄誉賞を受賞し、国際的な評価を受けました。芸術写真という枠を超えて、時代を超えて、塩谷の写真は普遍的な魅力を放っています。
「自然の命を自分に通し、自分の命を自然に通す」という塩谷の言葉通り、まるで写真印画そのものに命が宿っているかのようです。
生誕120年を記念するこの展覧会では、島根県立美術館・塩谷定好コレクションのなかから約200点で、塩谷の写真の本質を探ります。
イベント情報
◎ギャラリートーク
講師:蔦谷典子(当館主席学芸員)
日時:2019年10月6日(日)、11月3日(日・祝) 14:00から約45分
会場:展示室4・5
※要コレクション展観覧料
会場住所
〒690-0049
島根県松江市袖師町1-5
交通案内
■ お車でお越しの方

●山陰自動車道を利用
山陰道「松江西ランプ」から約5分

●国道431号線を利用
「宍道湖大橋北詰」を右折、県道37号線へ →
宍道湖大橋を南進 →
国道9号線「袖師交差点」を南に直進 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

●国道9号線を利用
・米子方面から
国道9号線「袖師交差点」を左折 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

・出雲方面から
国道9号線から「嫁島町信号機」を右折 →
一つ目の信号を左折 →
1km程北進して右折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

(A)
日本海テレビビル(1階ガスト)向かいのJR高架下をくぐり、奥までお進みください。入口ゲートで駐車券を取って入庫してください。駐車場から美術館正面入口へは地下道をご利用ください。


■ 飛行機でお越しの方

●東京・大阪・福岡・名古屋・隠岐各地から
出雲縁結び空港 →空港連絡バス(約30分) →(B)

●東京から
米子鬼太郎空港 →空港連絡バス(約45分) →(B)

■ 高速バスでお越しの方

●東京・大阪・岡山・広島・福岡など各地から →(B)

■ JRでお越しの方

●東京方面から (新幹線利用)
JR東京駅から新幹線(約3時間20分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●大阪方面から
JR新大阪駅から新幹線(約50分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●九州方面から
JR博多駅から新幹線(約1時間40分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●東京方面から (特急利用)
JR東京駅から寝台特急「サンライズ出雲」(約11時間30分) →(B)

(B)
●JR松江駅から
・徒歩約15分
・松江市営バス「南循環線内回り」(約6分) →「県立美術館前」バス停下車

■ 一畑電車でお越しの方

●松江しんじ湖温泉駅から
観光ループバス「ぐるっと松江レイクライン」(約15分) →県立美術館前バス停
ホームページ
http://www.shimane-art-museum.jp/
島根県松江市袖師町1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索