タイトル等
開館40周年記念特別展
北海道の緑
―佐藤進・佐藤道雄と一水会の画家たち
この夏、美術館で深呼吸。
会場
市立小樽美術館
2F 企画展示室
会期
2019-07-20~2019-09-16
休催日
毎週月曜日(8月12日(月)、9月16日(月・祝)を除く)、8月13日(火)、14日(水)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
個人券 600円(一般) 300円(高校生・市内高齢者)
団体券※1 480円(一般) 240円(高校生・市内高齢者)
共通券※2 700円(一般) 350円(高校生・市内高齢者)
団体共通券※1.2 560円(一般) 280円(高校生・市内高齢者)
中学生以下、障害者は無料
※1 団体は20名以上
※2 併設される文学館との共通券
主催者
市立小樽美術館
協賛・協力等
共催・北海道新聞小樽支社
後援・市立小樽美術館協力会
概要
北海道の自然が描かれるとき、多くの場合、厳しい冬の風景や荘厳な雪山などがその対象とされます。しかし夏の北海道の清々しい緑の景色も唯一無二のもので、多くの北海道出身の画家によって愛され、描かれてきました。
士別市出身の佐藤進は、教員として働く傍ら水彩画に出会います。日々の野外制作で紙に写し取られた青々とした自然とその空気は、今も多くの人から愛されています。野外制作という信条は息子・道雄にも受け継がれます。父とは異なり油彩画を描く道雄は、緑の中に身を置き、身近な自然を力強いタッチでキャンバスに落とし込んでいます。
進は小樽出身の風景画家・中村善策とは水彩画を始めた当初から交流を持ち、やがて同じ一水会の風景画家として交流を深めます。一水会は画家の有島生馬が発足した具象作品のみの公募展で、現在も尚、多くの北海道の画家が所属しています。
本展は、佐藤進・道雄親子を中心に、同じく一水会所属の画家・教員をしてい
た水彩画家が北海道各地の「緑」を描いた作品を展覧します。
イベント情報
アーティストトーク
日時:令和元年7月20日(土)10:00
場所:美術館2階企画展示室
料金:美術館観覧料でご覧いただけます。
出演:佐藤道雄、中村哲泰

ライブ
美術館×声楽×ギター×ダンス
「いのちの輝き~愛と緑のハーモニー~」
日時:令和元年8月18日(日)14:00
場所:美術館2階企画展示室
料金:美術館観覧料でご覧いただけます。
出演:浅原富希子(ソプラノ)、亀岡三典(クラシックギター)、Aya(ダンス)

新明館長の(不)連続講座2
「水彩画と佐藤進」
日時:令和元年8月31日(土)14:00
場所:美術館1階研修室
料金:無料
定員:50名(8月1日から予約開始)
講師:新明英仁(市立小樽美術館長)

夏休み木工ワークショップ「ニューホッカイドウパズルを作ろう」
《日時》8月12日(月) 10時より
《会場》美術館1階 ミーティングルーム
《対象》小学生以上(3年生以下は保護者同伴)
《定員》15名(7月2日より予約開始)
《材料費》300円

<学校連携事業>
小樽市内の小学生が作った個性豊かな葉っぱが、大きなグリーンカーテンになります。
● 小樽市内小学校連携事業「カラフル★グリーンカーテン」
《お披露目セレモニー》7月20日 9時30分より
《展示期間》7月20日(土)~9月16日(月・祝)
《会場》市立小樽美術館 階段吹き抜けスペース
※無料スペースにて展示しています。
会場住所
〒047-0031
北海道小樽市色内1-9-5
交通案内
○JR小樽駅から 徒歩でおよそ10分
(国道5号線を札幌方向へ進み、産業会館の交差点を海側方向へ左折。手宮線跡地及び日銀金融資料館の近くです)

○中央バス「本局前」バス停から 徒歩でおよそ5分
ホームページ
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/
北海道小樽市色内1-9-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索