タイトル等
鹿児島市制130周年記念
没後25年 曽宮一念展
会場
鹿児島市立美術館
会期
2019-10-03~2019-11-10
概要
曽宮一念(1893-1994)は、東京美術学校西洋画科で藤島武二に学んだ後、二科会、独立美術協会、国画会などで活躍。戦後は特に色彩豊かなフォービックな風景画を描きました。昭和24年(1949)に初めて訪れた鹿児島では桜島の溶岩や噴煙に魅了され、以後たびたび同地を訪れ桜島を描いています。本展では、曽宮と鹿児島との関わりに焦点をあてつつ、晩年に失明してから打ち込んだ随筆や単価の仕事も紹介し、曽宮の魅力に迫ります。
会場住所
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
交通案内
公共交通機関で来館の場合
■ カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分。
■ 市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分。
■ 鹿児島本線 鹿児島中央駅より、車で10分。
ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索