タイトル等
アートギャラリー北海道
世界の名作絵本原画がやってきた!
剣淵町絵本の館コレクション
会場
北海道立函館美術館
会期
2019-04-18~2019-06-09
休催日
月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般920 (720)円、高大生610(410)円、小中生300 (200)円
※()内は前売、リピーター割引、どうなんアートリンク、および10名以上の団体料金。前売券は当館のみの販売となります(休館日を除く。ただし4月9日~14日、16日~17日は販売)。※「ミュージアム・コレクション春~夏」と同時観覧の場合=一般1,030(930)円、高大生670(520)円。 ※小・中・高校生は学校の教育活動(引率者含む)で利用する場合は観覧料免除。 ※リピーター割引=当館またはほかの道立美術館で開催された特別展の半券の提示により、特別展のチケット1枚が割引(半券1枚につき、1回限リ有効、半券の有効期限は当該半券の展覧会最終日より1年間)。 ※親子割引=親子等でご観覧の方は各50円引き。 ※函館市電・函館バスの1日乗車券、2日乗車券、五稜郭タワー搭乗券をご提示の方は、一般100円引き、小中高大生50円引き。どうなんアートリンク=「ア一トギャラリー北海道」の道南圏(渡島・檜山管内)の運携施設(有料)の入館券の半券または同連携施設で配布される「『アートギャラリー北海道』道南圏連携施設限定 函館美術館特別展優待割引券」の提示により、特別展のチケット1枚を団体割引(半券または割引券1枚につき、1回限り有効)。
主催者
北海道立函館美術館
協賛・協力等
共催/北海道新聞函館支社 後援/函館市、函館市教育委員会、 NHK函館放送局、FMいるか
特別協力/剣淵町絵本の館、けんぶち絵本の里を創ろう会 協力/北海道旅客鉄道(株)函館支社、五後郭タワー株式会社
beyond2020
概要
絵本原画で、びっくり、ほっこり
本展は、剣淵町絵本の館が所蔵する1,000点をこえる絵本原画コレクションから、アメリカやロシア、ヨーロッパなどの海外の作品、そして日本国内と北海道で生まれた絵本の原画、約200点をえりすぐってご紹介するものです。油彩や水彩、木版画など、多彩な技法で繰り広げられる原画の迫力に、思わずびっくり!身近などうぶつや家族のものがたりに、こころ、ほっこり。絵本を手にとって読んだり、大きな壁に直接、お絵かきを楽しんでいただけるコーナーもあります。春のひと時、美術館に足を運んで、絵本原画の世界をお楽しみください。
イベント情報
●波響ぐるっと4館ツアー
高龍寺(函館市船見町)における蠣崎波響《釈迦涅槃図》の公開(4月1日~15日)にあわせて、函館美術館を出発点に、市立函館博物館、旧相馬邸、高龍寺を徒歩と市電でめぐり、波響作品を堪能するツアーです。
日時:4月6日(土)、7日(日) 各日午前9時15分~午後4時(予定)
ルート:函館美術館→市立函館博物館→旧相馬邸→高龍寺 定員:各回20名
参加料:2,250円(施設観覧料、昼食代、ワークショップ保険を含む)
*上記以外に市電実費(一日乗車券600円)は各自、直接、お支払いください。
申し込み:事前申し込み制、各日定員20名、申し込みは下記メールアドレスから。
hakobi.11@pref.hokkaido.lg.jp 件名に「4館ツアー申し込み」と記入し、①名前(ふりがな)、②年齢・性別、③住所・電話番号、④参加希望日、⑤メールアドレス、電話・ファクス番号
締切:3月28日(木) 応募者多数の場合は抽選の上、3月29日(金)に結果を通知。

●ハコビ×中央図書館絵本原画展2館ツアー
函館市中央図書館で絵本の読み聞かせに参加した後、徒歩で函館美術館に移動し、本展出品の《あかいじどうしゃよんまるさん》の作者である堀川真さんが、原画の前で自作について語るギャラリー・卜一クに参加いただきます。
日時:5月12日(日)午前10時~11時30分(予定) ルート:函館市中央図書館→函館美術館
講師:よみきかせ=函館絵本の会 銀のふね
ギャラリー・トーク=堀川真氏(絵本作家、名寄市立大学准教授)
対象:子どもと保護者2名一組10組20名
参加料:保護者980円、小中生250円、幼児50円(函館美術館常特同時団体観覧料、ワーク
シヨツプ保険)
申し込み:事前申し込み制、申し込みは下記メールアドレスから。
hakobi.11@pref.hokkaido.lg.jp 件名に「絵本展2館ツアー申し込み」と記入し、①保護者と子どもの名前(ふりがな)、②保護者と子どもの年齢・性別、③住所・電話番号、④参加希望者のメールアドレス、電話・ファクス番号
締切:5月1日(水) 応募者多数の場合は抽選の上、5月2日(木)に結果を通知。

●「ミュシャ展運命の女たち」プレ・イベント絵本アニメーション上映会
6月29日(土)から開催予定の「ミュシャ展 運命の女たち」プレ・イベントとして、チェコの伝統芸術であるパペット(人形劇)によるアニメーションならびに、エリック・カールの絵本をモティーフとするアニメーションを上映。観覧いただいた方には、「ミュシャ展 運命の女たち」特別割引券(半額券)をプレゼント!
日時・プログラム:5月3日(金)、4日(土)、5日(日) 各日午後2時~(約50分)
●ヘルミーナ・ティールロヴァー監督「ありのフェルダのおはなし」
(19ア7年、人形アニメーション、17分、チェコ)
●アンドリュー・ガフ監督「エリック・カールコレクション はらぺこあおむし」
(1996年、アニメーション、33分、イギリス)
会場:当館講堂(定員80名、鑑賞無料)協力:チェコセンター(「ありのフェルダのおはなし」)

●絵本のよみきかせ
日曜日の「ファミリータイム」にあわせて、本展に出品されている絵本を中心に、読み聞かせをお楽しみいただきます。
日時:4月28日(日)午前11時~(約30分)
会場:当館特別展示室(「世界の名作絵本原画がやってきた!」展観覧券が必要です)
よみきかせ:函館絵本の会 銀のふね

●ハコビ・マジカル・ワークショップ「トートバッグにプリントしよう!」
版画の技法で、好きな模様を無地のトートバッグにプリントして、あなただけのオリジナルバッグを作ってみませんか?
日時:5月25日(土)午後1時半~4時(予定) 対象;親子二人一組・10組20名
会場:当館特別展示室、常設展示室、講堂 講師二平方亮三氏(版画家)
料金;大人1,480円、子ども750円(材料実費、函館美術館常・特同時団体観覧料、ワークショップ保険)
申し込み:事前申し込み制、申し込みは下記メールアドレスから。
hakobi.11@pref.hokkaido.lg.jp 件名に「トートバッグ・ワークショップ申し込み」と記入し、①保護者と子どもの名前(ふりがな)、②保護者と子どもの年齢・性別、③住所・電話番号、④メールアドレス、電話・ファクス番号
締切:5月16日(木) 応募老多数の場合は抽選の上、5月17日(金)に結果を通知。

●美術映画会
日時・プログラム:4月20日(土)午後2時~『世界美術館紀行①』ロダン美術館ほか(約73分)
5月18日(土)午後2時~世界美術館紀行②』ゴッホ美術館ほか(約73分)
会場:当館講堂(定員80名、鑑賞無料)

●ギャラリー・ツアー
学芸員の解説を聞きながら、絵本原画の世界をお楽しみいただきます。
日時:5月11日(土)、6月1日(土)、8日(土)いずれも午後2時~(約30分)
会場:当館特別展示室(「世界の名作絵本原画がやってきた!」展観覧券が必要です)
会場住所
〒040-0001
北海道函館市五稜郭町37-6
交通案内
市電
「函館駅前」から 湯の川方面乗車
「五稜郭公園前」下車 徒歩7分

バス
「函館駅前」から 函館バス5-1、6-2、50、59、60、105系統、106ループ27、130系統乗車
「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分

タクシー
JR函館駅より 約10分
函館空港より 約20分

※当館ご利用の方は駐車場料金が2時間まで無料になります。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hbj/
北海道函館市五稜郭町37-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索