タイトル等
ミテ・ハナソウ展 2019
もうひとつの夏休み
-フシギの世界で、ミテ・ハナソウ!
出品作家:池平撤兵 大﨑のぶゆき 平子雄一
今年の夏休みは、飛行機に乗ってもたどり着けない、不思議な場所を旅してみませんか?
会場
佐倉市立美術館
1階エントランスホール・2階展示室
会期
2019-08-03~2019-09-16
休催日
8月5日(月),13日(火),19日(月),9月2日(月),9日(月) *8月12日、9月16日は祝日のため開館
開催時間
10時~18時
(入館は17時30分まで)
観覧料
高校生~一般 フリーパス 500円(期間中何回でも有効、前売・20名以上の団体は400円) 中学生以下無料 市内在住の小学生以下のお子さん連れは保護者1名無料
主催者
佐倉市立美術館
協賛・協力等
企画協力:NPO法人芸術資源開発機構(ARDA アルダ)
概要
本展覧会は、夏休みに家族や子どもたちが何度も美術館を訪れ、現代美術作品を味わい、楽しんでいただくための展覧会です。その仕掛けとして、カーペットを展示室全面に敷きつめ、ゆっくりと作品に向き合う空間をデザインしました。展示室のカーペットには、切り抜かれた通路が、小川や小道にもみえるように流れています。森の奥深くにまぎれこんだような空間や、ヴンターカンマー(驚異の部屋)のようなアトリエ、絵画のように見えてゆっくりと動いている映像が浮かび上がる部屋、アートについて考える研究室など、不思議な空間を行ったり来たりしながら、作品世界を楽しんでいただけます。夏休み期間中は、鑑賞コミュニケーターの「ミテ*ハナさん」が、研究室で迎えます。子どもも大人も靴を脱いで、寝転んだり、腰掛けたりしながら、作品についてミテ*ハナさんと語りあうことで、芸術作品が身近に感じられ、アートを心から楽しむことができるようになれば、という試みです。もちろん、一人で静かに展示を楽しんでいただくこともできます。
展示コンセプトは、3人の現代美術家による「もうひとつの夏休み」。懐かしい感覚や、どこかで見たことがあるようなモノが潜んでいて、アレっと気を取られ、空間に身を置いているうちに、いつのまにか、日常の裏側にあるもう一つのフシギな世界へといざなわれます。飛行機にのって、遠くに飛んでいかなくても、想像力を使って、フシギの世界を旅する力が、美術にはあります。なんでもないと思っていた普段の生活が揺らぐような感覚、この世界はなんなのか、私たちはいったい何者か、という解けることのない問いを楽しんでいただければ幸いです。
ホームページ
http://mitehana.com/activity/mitehanasouten/mitehanaten2019/
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索