タイトル等
宮本隆司
いまだ見えざるところ
会場
東京都写真美術館
2階展示室
会期
2019-05-14~2019-07-15
休催日
毎週月曜日 ※ただし、7/15(月・祝)は開館
開催時間
10:00~18:00
(木・金は20:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般700(560)円/学生600(480)円/中高生・65歳以上500(400)円
( )は20名以上の団体料金
小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
第3水曜日は65歳以上無料
主催者
東京都 東京都写真美術館/朝日新聞社
協賛・協力等
特別協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
概要
東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した作品によって広く知られる存在となりました。近年は、両親の故郷である奄美群島・徳之島でアートプロジェクトを企画、運営するなど、その活動は新たな展開を見せています。
本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境、都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール作品、ポートレートなどを展示します。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所について宮本隆司が展観いたします。
イベント情報
鼎談
倉石信乃(明治大学教授)×林道郎(美術史・美術批評)×宮本隆司
日時:2019年5月25日(土)14:00-16:00

対談
佐々木幹郎(詩人)×宮本隆司
日時:2019年6月22日(土)14:00-15:30

場所:東京都写真美術館1階ホール(整理番号順入場/自由席)
定員:各日190名
*当日10時より1階ホール受付にて整理券を配布します

宮本隆司ワークショップ「見るためには闇が必要だ」
ピンホールカメラを制作し撮影、現像を行うワークショップです
日時:2019年6月1日(土)10:00-18:00
対象:18歳以上 定員:20名 事前申込制
参加費:4000円
*申込方法など詳細は当館ホームページでご確認ください。

展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2・第4金曜日14:00より担当学芸員による展示解説を行います。
本展チケット(当日消印)をご持参のうえ、2階展示室入口にお集まりください。

※事業はやむを得ない事情で変更することがございます。あらかじめご了承ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3408.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索