タイトル等
第1期コレクション展
片多徳郎と権藤種男
会場
大分市美術館
常設展示室3
会期
2019-04-09~2019-07-07
休催日
4月15日(月曜日)、22日(月曜日)、5月13日(月曜日)、20日(曜日)、27日(月曜日)、6月10日(月曜日)、17日(月曜日)、24日(月曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般300円(250円)、高大生200円(150円)、中学生以下は市内市外を問わず無料
※()は20名以上の団体料金

※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
概要
片多徳郎(豊後高田市出身、1889~1934)は、東京美術学校西洋画科在学中の1909年、大分県出身の洋画家で初めて文展(官展)に入選を果たし、4回の褒状、2回の特選を受賞し、1922年には帝展(官展)の審査委員を務めました。
大正期の芸術界では、第1次世界大戦中、西欧からの新たな様式の流入が途絶えると、画家たちは、自ら「個」の特性に根差した新たな傾向の主題、画風を模索し始めました。片多も、日本画の伝統的な主題を用いたり、日本各地を取材したり、日本人特有の洋画を目指しました。また、再興された院展に《湖畔春色》などを出品するなど積極的な出品も行いました。
権藤種男(大分市出身、1891~1954)は、東京美術学校図画師範科を卒業後、大分県女子師範学校教諭となりますが、1916年、画家への志を捨てきれず、職を辞して、再上京。片多の家の近くに居住しました。翌年、文展に初入選し、1920年帝展で首席特選を受賞。その後、2回目の特選を得て、永久無鑑査資格(推薦)となりました。権藤と片多の交友は片多の死まで続き、片多の取材旅行には常に権藤の姿がありました。権藤も穏健な写実を基本としながら、日本の風土を描き続けました。
片多の周辺には権藤のほかにも、江藤純平、後藤真吉、佐藤敬など大分県出身の洋画家が集まり、研鑽を積みました。
今回は片多、権藤の作品に併せて江藤純平、後藤真吉、佐藤敬作品も紹介します。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/collection/jyousetu3.html
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索