タイトル等
チェコ・デザイン 100年の旅
会場
富山県美術館
展示室2、3、4
会期
2019-06-01~2019-07-28
休催日
毎週水曜日、7月16日(火)
開催時間
9:30~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般 900(700)円、大学生 450(350)円、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展入場当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
※各種手帳をお持ちの障がい者の方および付添者1名の観覧は無料
※学校観覧、社会教育活動としての児童・生徒の引率者は無料
○前売券販売所(会期前まで販売)
富山県美術館、 富山県水墨美術館、 アーツナビ
主催者
富山県美術館 チェコ国立プラハ工芸美術館 北日本新聞社 北日本放送
協賛・協力等
後援:駐日チェコ共和国大使館 チェコセンター東京
協賛:ルフトハンザカーゴAG
企画協力:株式会社イデッフ
特別協力:株式会社インテック
beyond2020
概要
チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介する展覧会です。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの騎手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビスムの影響を受けた建築、チャペック兄弟の絵本、そして世界で愛されるアニメーションなど、社会主義の時代にも、その優美なデザインは独自の道を拓いていきました。ボヘミアン・グラスなどチェコ独自の産業や民族的な造形と、同時代の芸術表現が融合した独自のデザインの世界は、現代でも多くの人々を魅了し続けています。
本展は、チェコ・デザインを総合的に紹介する日本初の展覧会となります。家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍などの約250点を通して辿るチェコ・デザインの世界を、小さな旅のように楽しんでいただきます。
イベント情報
イベントの詳細はホームページにてお知らせします。内容は都合により変更する場合があります。本展会期中の最新情報は、当館ホームページまたはSNSをご確認ください。

◎チェコ国立プラハ工芸美術館館長 特別講演会
6月1日(土) 14:00~(約90分、開場13:30)
講師 : ヘレナ・コーニングスマルコヴァー氏(チェコ国立プラハ工芸美術館館長)
演題 :「チェコ国立プラハ工芸美術館と、チェコ・デザインのコレクションについて(仮)」
会場 : 3階ホール
定員 : 約100名(当日先着順・聴講無料 通訳あり)

◎担当学芸員によるギャラリーツアー
6月8日(土)、22日(土)、7月6日(土)、15日(月・祝) 各日14:00~
会場 : 2階展示室2、3、4 ※当日有効の企画展チケットが必要です。

◎こどものためのギャラリーツアー
6月16日(日)、7月27日(土) 各日14:00~
チェコ・デザインの世界をこどもと一緒に旅するギャラリーツアーです。
大人の方も参加いただけます。
会場:2階展示室2、3、4 ※当日有効の企画展チケットが必要です。

◎TADアートレクチャー 「瀧口修造の書斎」
7月20日(土) 14:00~(約90分、開場13:30)
講師 : 巖谷國士氏(明治学院大学文学部名誉教授)
会場 : 3階ホール
定員 : 約100名(当日先着順・聴講無料)
ホームページ
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/7639
会場住所
〒930-0806
富山県富山県富山市木場町3-20
交通案内
●JR富山駅新幹線 改札口(富山駅南口)から・・・
徒歩:約20分/タクシー:約10分
バス:7番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●あいの風富山鉄道 改札口(富山駅北口)から・・・
徒歩:約15分/タクシー:約3分
バス:1番のりばより乗車、「富山県美術館」下車すぐ
●富山空港より・・・タクシー:約20分(渋滞なしで)※約9km
●北陸自動車道より・・・富山I.Cから国道41号経由:約15分
※美術館の駐車場(8:00-22:30)は限りがあり、土日や祝日等は混雑や予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用ください。
ホームページ
http://tad-toyama.jp/
富山県富山県富山市木場町3-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索