タイトル等
特別展覧会
ウィリアム・モリス ―英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡
会場
鶴岡アートフォーラム
会期
2019-04-20~2019-05-26
休催日
月曜日[ただし4月29日、5月6日は開館]、5月7日(火)
開催時間
9:00~17:30
毎週金・土曜日:9:00~18:30
※入場は閉場の30分前まで
観覧料
一般500(400)円/高大生300(240)円/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
鶴岡アートフォーラム/鶴岡市教育委員会
協賛・協力等
企画協力 株式会社ブレーントラスト
後援 山形県、朝日新聞山形総局、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞山形支局、NHK山形放送局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、山形テレビ、エフエム山形
概要
19世紀の偉大な芸術家であり、思想家として知られるウィリアム・モリス(1834-1896)。イギリスにおけるアーツ・アンド・クラフツ運動の先駆者であり、モダン・デザインの父といわれるその創作の遍歴を、時代を追って紐解きます。ウィリアム・モリスはその生涯において、制作に適した環境を求め、様々な地に移り住みました。本展では「住まい」と「学び」、そして「働いた場所」に焦点を当て、少年時代を過ごした「エピングの森」、新婚時代の住まい「レッド・ハウス」、理想郷と称えられた「ケルムスコット・マナー」などを撮影した、写真家・織作峰子の風景写真とともに構成します。織物やテキスタイル、壁紙、家具、本、タイル、ランプなど、ウィリアム・モリスとその仲間たちによって制作されたオリジナル作品を約80点展覧いたします。
イベント情報
1.ギャラリー・トーク
内容 当館学芸員が会場を案内し、作品解説を行います。
4月21日(日)は特別ゲストとして、本展出品の風景写真を撮影した織作峰子氏にご来場いただきます。
日時 4月21日(日)/5月19日(日) 14:00~15:00
申込 不要、会場へ直接お越しください。(要観覧券)

2.講演会「ウィリアム・モリスの美術と工芸 ―近代デザインの先駆者―」
日時 4月27日(土) 13:30~15:00
講師 藤田治彦氏(大阪大学名誉教授)
会場 大会議室(50席程度)
申込 不要、無料。会場へ直接お越しください。
ホームページ
http://www.t-artforum.net/2019_h31nendo/host/gallery/william_morris/index.html
会場住所
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町13-3
交通案内
■自動車
高速道路 = 山形自動車道・鶴岡IC より、鶴岡市役所を目指して 約10分

最寄一般駐車場
= アートフォーラム南側駐車場 (※搬入・搬出日以外利用できます) 約10台
= 鶴岡市役所駐車場 (※土・日・祝日のみ利用できます) 約150台
= 鶴岡公園中央駐車場 約50台
= 鶴岡公園南駐車場 約40台
身障者用駐車場
= エントランス東側 3台
いずれも無料でご利用いただけます。

※お車でお越しの方へのお願い
・当館の身障者用駐車場への一般車両の駐車は何卒ご遠慮下さい。
・縁石を無理に乗り越える行為、芝生など植栽の上への駐車はご遠慮下さい。
・周辺の歩道上の走行並びに歩道上への駐車は、危険且つ違法ですのでお止め下さい。

■電車
JR東京駅 →(上越新幹線)→ JR新潟駅 →(羽越本線・特急いなほ)→ JR鶴岡駅
〔所要時間 約4時間〕

■航空機
羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅
〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分

■バス
JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車 → 「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車
〔所要時間 約10分〕
ホームページ
http://www.t-artforum.net/
山形県鶴岡市馬場町13-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索