タイトル等
上田薫 展
-絵は「目の錯覚」-
会場
名古屋画廊
会期
2019-04-17~2019-05-11
休催日
日祝および4月27日(土)~5月6日(月)
開催時間
10:00a.m.~6:00p.m.
概要
90歳の超リアル作家-絵は「目の錯覚」
――ずっとリアルな絵を描き続けておられますね。
上田薫:「本当はリアルじゃないですよ。抽象絵画です。生卵が割れて、中から黄身や白身が落ちている瞬間を描いたシリーズがありますが、そんな瞬間誰にも見えない。しかも、撮影のときは、100個も200個も割って、白身に、窓枠とかいろんなものが映り込むようにしています。シャボン玉やゼリーなども同じです。写真を撮るときから作っていて、リアリズムとはすごい違うんですよ。まあ、抽象画でもリアリズムでも、描くときにはどっちでもいいんですが。絵空事っていう言葉がある通り、絵は人間の錯覚を利用したいかさまなんですよ」
『朝日新聞』(デジタル版2019年1月10日)インタビュー:大西若人(編集委員)
イベント情報
【関連講演会】「写真から絵画への旅―三尾公三と上田薫」 講師:佐々木豊
4月17日[水] 15:30 ~16:30 アート倶楽部カルチェ・ラタン 名古屋池下
URL:http://www.quartier-latin.jp Tel.052‐751‐8033 ※要予約
会場住所
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
交通案内
【公共機関で…】
地下鉄東山線または鶴舞線で伏見駅下車(名古屋駅から地下鉄東山線で一駅)地下鉄伏見駅6番出口(御園座口)より直進約100メートル

【お車で…】
広小路伏見交差点を南へ約100m直進し、三蔵(みつくら)交差点の南西のカド ※お車は西隣の秋月パークをご利用ください。
ホームページ
http://www.nagoyagallery.co.jp/
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索