タイトル等
時代
立木義浩 1959-2019 写真展
会場
上野の森美術館
会期
2019-05-23~2019-06-09
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~17:00
※金曜日は20:00まで開館 ※入場は閉館の30分前まで
観覧料
(税込)
一般 前売/団体¥1,000 当日¥1,200
大学生・高校生 前売/団体¥600 当日¥800
中学生以下 無料
[前売券販売所]前売券は2019年5月22日(水)まで販売。
●チケットぴあ(Pコード:769-736)
セブンイレブン各店
https://t.pia.jp/

●イープラス
ファミリーマート各店
http://eplus.jp/

※学生は身分証等をご提示ください。※障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。※団体券は上野の森美術館のみで販売(団体料金の適用は20名以上)。
主催者
立木義浩写真展制作実行委員会、上野の森美術館
協賛・協力等
後援/読売新聞社 協力/キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
概要
「人間は割り切れない。写真は、割り切れない人間を、四捨五入する」
「写真のために存在しているものは、ない」
1958年、21歳で写真の仕事をはじめた立木義浩は、
1965年、『カメラ毎日』の巻頭56ページにわたって掲載された
『舌出し天使』で、一躍、世間の注目を集めた。
センセーショナルなほどに、
立木義浩の名は一気に広まった。
以来、俳優やタレント、小説家、政治家などの著名人と
どこにでもいる市井の人々を、数えきれないほど撮影してきた。
立木義浩のポートレート写真は、
広告・出版・雑誌・映像など、媒体を網羅して拡散した。
そういう時代だった。
そして、もうひとつ。
「抽斗にしまってある大切なもの……」
彼が、そんなふうに表現するジャンルがある。
ポートレートとともに、立木義浩を語るうえで欠かせない大切なこと―。
それが、スナップである。
日本の町や村、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、
さまざまな国と地域で、
そこにある日常と、光と影を切りとってきた。
「写真は、基本は失敗、いささかの成功があるのみ」
そうつぶやきつつ、写真への熱情は、いまなお衰えることはない。
写真展『時代』は、
1Fに著名人たちのポートレート、2Fにスナップ、
というふたつの世界で構成される。
これは、立木義浩60年の集大成ではない。
ただの、通過点だ。
ホームページ
http://tatsukiyoshihiro.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索