タイトル等
広尾開館10周年記念特別展
花・Flower・華
―四季を彩る―
会場
山種美術館
会期
2019-04-06~2019-06-02
休催日
月曜日 *但し、4/29(月)、4/30(火)、5/6(月)は開館、5/7(火)は休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
*本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります
(1枚につき1名様1回限り有効)

[きもの割引]会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります
*但し、複数の割引の併用はできません。
主催者
山種美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
beyond2020
概要
美しく咲き誇る花々は、古くから日本人の心を魅了してきました。花は春夏秋冬で多彩な表情をみせ、四季を象徴する題材としても愛好されて、現代にいたるまで描き継がれています。このたび当館では、春爛漫の季節に四季の花をテーマとした展覧会を開催します。
江戸時代の琳派(りんぱ)の絵師・酒井抱一(さかいほういつ)は草花のモティーフを多く手がけ、月夜に梅を配した《月梅図》など、趣のある花の姿を表現しました。近代以降においても、春を彩る桜を描いた横山大観(よこやまたいかん)≪山桜≫や上村松園(うえむらしょうえん)《桜可里》、初夏の泰山木(たいざんぼく)と瑠璃(るり)鳥を取り合わせた小林古径(こばやしこけい)《白華小禽》など、季節を意識した花の絵画の優品が数多く描かれています。
本展では、江戸時代から近代・現代までの作品を約60点展示し、四季折々の花の絵画をご堪能いただきます。描かれた花により満開となった美術館で、百花繚乱の世界をお楽しみください。
イベント情報
(事前予約制)
講師:河野 元昭氏
(静嘉堂文庫美術館館長、東京大学名誉教授、公益財団法人山種美術財団理事)
講演会:『饒舌館長「四季の花―琳派の傑作―」口演す』
日時:2019年4月27日 (土)14:00~15:30
会場:國學院大學 院友会館(東京都渋谷区東4-12-8)
*山種美術館より徒歩3分
*地図は國學院大學院友会Webサイトでもご覧いただけます。
https://www.kokugakuin.or.jp/access/
主催:山種美術館(お問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600)
定員:200名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料 *但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。
[お申し込み方法]
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、〒150-0012東京都渋谷区広尾3-12-36[山種美術館イベント係]
までお申し込みください。当館受付でもお申し込みいただけます。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/flower.html
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索