タイトル等
国宝の殿堂 藤田美術館展
曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき
会場
奈良国立博物館
会期
2019-04-13~2019-06-09
休催日
毎週月曜日、5月7日(火)
※ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館
開催時間
午前9時30分~午後5時
毎週金曜日は午後7時まで *入館は閉館の30分前まで
(名品展は開館時間が異なります。詳しくは当館ホームページをご覧ください)
観覧料
※料金はすべて税込み
当日(一般)1,500円 (高校・大学生)1,000円 (小・中学生)500円
前売・団体(一般)1,300円 (高校・大学生)800円 (小・中学生)300円
*団体は20名以上
*前売券の販売は3月13日(水)から4月12日(金)まで
*障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
*本展の観覧券で名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。

販売場所 当館観覧券売場、近鉄主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、PassMe!、dトラベル、日本旅行、ローソンチケット(Lコード:53880)、チケットぴあ(Pコード:769-466)、イープラスなど主要プレイガイド、セブンーイレブン 他コンビニエンスストア
※チケットの購入時に手数料がかかる場合があります。

特別チケット ※料金はすべて税込み ※券種はすべて一般のみ
早割ペアセット券 2,000円
本展の観覧券(一般)2枚がセットになった、販売期間限定のチケットです。
展示替えに合わせてお1人で2枚、またはご家族・ご友人と1枚ずつでもご利用できます。一般当日券2枚分より1,000円お得です。

藤田美術館展の一般観覧券2枚
販売期間 2月13日(水)~3月12日(火)
販売場所 ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス

曜変天目茶碗フィギュア根付セット券
2,000円
本展の観覧券(一般)一枚に本展オリジナルグッズの根付がついた、数量限定のお得なチケットです。
藤田美術館が所蔵する国宝「曜変天目茶碗」を口径約4センチのミニチュアフィギュア(写真はサンプル)で表現しました。 限定500セット
藤田美術館展の一般観覧券1枚+グッズ引換券
販売期間 3月13日(水)~4月12日(金)
販売場所 ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス
※本展観覧券とグッズ引換券が別々に発券されます。両方をお持ちください。
※グッズは展覧会会期中、会場入口にてお引き換えください。
※グッズは会場の特設ショップでも販売する予定です。

相互割引企画
「国宝一遍聖絵と時宗の名宝展」
2019年4月13日(土)~6月9日(日)
京都国立博物館×「国宝の殿堂 藤田美術館展」
本展と、「国宝一遍聖絵と時宗の名宝展」(京都国立博物館)の会期中、会場の券売窓口でチケットないし半券を提示すると、一般のみ当日券が200円引きになるお得な相互割引を実施します。
詳細は【京都国立博物館サイト】https://www.kyohaku.go.jp/
主催者
奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿
協賛・協力等
特別協力 藤田美術館
後援 文化庁、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、奈良テレビ放送、大阪商工会議所
協賛 ダイキン工業、大成建設、ライブアートブックス
協力 日本香堂、藤田観光、仏教美術協会
概要
藤田美術館所蔵国宝全9件を公開
大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する美術館です。明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)(1841~1912)とその息子平太郎、徳次郎の親子3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館しました。
約2千件におよぶコレクションは、茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など多岐にわたり、その中には奈良にゆかりのある仏教美術が数多く含まれています。このたびの展覧会は、2022年春に予定されるリニューアルオープンの準備に向けて現在休館している藤田美術館の名品を奈良国立博物館新館の全展示室を使用して紹介するかつてない規模の展示となります。
世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」などの仏教美術を中心に、館外初公開を含む多彩なコレクションを紹介します。
膨大な私財を投じて、近代以降散逸の危機にあった文化財を収集し、国宝の殿堂と呼ぶにふさわしいコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てていきます。
イベント情報
公開講座
①「藤田傳三郎と藤田美術館 伝統と未来」
藤田 清氏(藤田美術館館長)
4月20日(土)

②「国宝 曜変天目茶碗の謎にせまる」
小林 仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館学芸課長代理)
5月11日(土)

③「藤田美術館の仏教美術コレクション」
岩井 共二(奈良国立博物館学芸部情報サービス室長)
5月25日(土)

時間:午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場:当館講堂
定員:各回194名
聴講無料
※各日12時から講堂前にて入場整理券を配布します(先着順、お1人様につき1枚)。入場整理券の受取の際には本展の観覧券もしくはその半券、奈良博プレミアムカード等をご提示ください。
※入場受付は講座開始後30分で終了いたします。

親子ワークショップ
「オリジナル絵巻を作ろう」
日時:5月5日(日・祝) ①午前10時~12時 ②午後1時30分~3時30分
会場:当館地下回廊
定員:各回18組
※参加は無料ですが、本展の観覧券が必要です。申し込みは当館ホームページから。
先着順で、定員になり次第、締め切ります。

そのほかのイベントは、決まり次第ホームページでご案内します。
ホームページ
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2019toku/fujita/fujita_index.html
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索