タイトル等
小さいながらもたしかなこと
日本の新進作家vol.15
森栄喜 ミヤギフトシ 細倉真弓 石野郁和 河合智子
会場
東京都写真美術館
2階展示室
会期
2018-12-01~2019-01-27
休催日
毎週月曜日(ただし、12月24日[月・振休]および1月14日[月・祝]は開館、12月25日[火]と1月15日[火]は休館。年末年始12月29日[土]から1月1日[火・祝]は休館)
開催時間
10:00~18:00
(木・金は20:00まで。12月28日[金]および1月4日[金]は10:00-18:00開館。1月2日[水]と3日[木]は11:00-18:00開館) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般700(560)円、学生600(480)円、中高生・65歳以上500(400)円
※( )は20名以上の団体料金
小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/1月2日(水)は無料
主催者
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/東京新聞
協賛・協力等
助成:芸術文化振興基金 協賛:凸版印刷株式会社/東京都写真美術館支援会員
概要
「日本の新進作家」展は、写真、映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催しています。15回目となる本展では、「小さいながらもたしかなこと」をテーマに掲げ、自らの感性や考え方、アイデンティティやリアリティを手がかりに作品を制作する5名の作家をご紹介します。
予測困難な自然災害や広がりを見せる経済格差、LGBTの人々に対する法的整備の遅れ等、個人をめぐる状況がゆれ動き、たしかなことを見出しにくい時代に、作家によって作品に込められた「たしかなこと」。その一つ一つは決して大きなものではないのかもしれませんが、わたしたちに、今を生き抜く勇気や希望を与えてくれます。
本展では、作家それぞれの「小さいながらもたしかなこと」に迫り、その表現の射程を探ります。
イベント情報
作家とゲストによる対談
・2018年12月8日(土)15:00-16:30
石野郁和×星野太(美学/表象文化論)
・2018年12月14日(金)18:00-19:30
河合智子×鳴川馨(デザイナー)
・2018年12月22日(土)15:00-16:30
細倉真弓×磯部涼(ライター)
・2019年1月11日(金)18:00-19:30
ミヤギフトシ×岡田利規(演劇作家、小説家)
・2019年1月19日(土)15:00-16:30
森栄喜×ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:各回50名
※当日10時より1階受付にて整理券を配布します。番号順入場、自由席。

森栄喜による朗読パフォーマンス
・2018年12月1日(土)13:00
・2019年1月18日(金)18:00
2階展示室内、森栄喜の展示スペースで作家本人による朗読パフォーマンスを行います。
本展チケット(当日消印)をご持参のうえ、2階展示室入口にお集まりください。

視覚障害者とつくる美術館賞ワークショップ
・2019年1月12日(土)10:30-13:00
障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、言葉を交わしながら、一緒に美術を鑑賞するワークショップです。
対象:どなたでもご参加いただけます。
定員:7名、事前申込制
参加費:500円(別途、本展チケット[当日消印]が必要です)
※申込方法など詳細は当館ホームページでご確認ください。

展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2・第4金曜日14:00より担当学芸員による展示解説を行います。
本展チケット(当日消印)をご持参のうえ、2階展示室入口にお集まりください。

※事業はやむを得ない事情で変更することがございます。あらかじめご了承ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3098.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索