タイトル等
山梨県立美術館開館40周年記念 特別展
シャルル=フランソワ・ドービニー展
バルビゾン派から印象派への架け橋
「印象派」の源流をたどる旅へ…
会場
山梨県立美術館
会期
2018-10-20~2018-12-16
休催日
10月22日(月)、29日(月)、11月5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、12月3日(月)、10日(月)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,000(840)円、大学生500(420)円
※11月20日 県民の日は無料
( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金/高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳等持参)
県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)/障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
前売券は山梨県立美術館で9月28日(金)から10月19日(金)まで販売
主催者
山梨県立美術館 テレビ山梨
協賛・協力等
[特別協賛]桔梗庵 甲府ビルサービス株式会社
[後援]在日フランス大使館 アンスティチュ・フランセ日本 山梨日日新聞社・山梨放送 テレビ朝日甲府支局
朝日新聞甲府総局 毎日新聞甲府支局 読売新聞甲府支局 産経新聞甲府支局 共同通信社甲府支局
時事通信社甲府支局 山梨新報社 日本ネットワークサービス エフエム富士 エフエム甲府
[協力]AIRFRANCE 山梨交通株式会社
[監修]ランス美術館 Exposition produite et gérée par le Musée des Beaux-Arts de la VILLE DE REIMS
[企画協力]株式会社ブレーントラスト
概要
開館以来、山梨県立美術館では、身近な自然の美しさを主題として表現したバルビゾン派の絵画を収集・展示してきました。本展は、開館40周年記念特別展として、同派の画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)の画業を紹介する、国内初の展覧会となります。
大胆な筆遣い、そして時にパレットナイフを用いて表現されたドービニーの絵画は、「印象」を描いたものに過ぎない「未完成」な作品として批評家たちから揶揄される一方、眼前に広がる自然を喚起するような魅力を備えた写実主義の絵画として同時代から高い評価を得ました。
1857年以降は、アトリエを設けた船「ボタン号」で河川を旅しながら、船上で制作をおこなう独自の制作スタイルを確立します。水辺にきらめく光や、時刻とともに表情を変える空といった移ろいゆく対象を見つめる経験を通して、瑞々しい魅力に溢れた作品が生み出されました。
また後年には、サロン(官展)の審査員として、後に印象派と呼ばれる若い画家たちに成功のきっかけを与えるなど、彼らを擁護したことも知られています。最晩年まで制作旅行をおこない、自然との新たな出会いを求め、表現し続けたその画業は、モネ、そしてゴッホからも敬愛を集めました。
本展では、印象派の先駆と評されたドービニーの知られざる画業について、フランスと国内所蔵の作品によりご紹介いたします。
イベント情報
大人のための美術講座
「写実」と「印象」:ドービニーの生涯と作品について
講師|担当学芸員
日時|11月10日(土) 午後1:30~2:00
場所|講堂 ※申し込み不要、聴講無料

担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時|11月10日(土) 午後2:30~
場所|特別展示室
※申し込み不要、特別展チケットが必要です

展覧会開催記念特別コンサート
「歌で旅するドービニーの時代」
フランスを拠点に活躍する小林氏、棚田氏による特別コンサート。ドービニーによる挿絵が施されたフランスの民謡集、当時の美術批評家でもあったゴーティエの詩による歌曲の演奏など、ドービニー展の世界を音楽で旅するプログラムです。
出演|小林真理氏(メゾ・ソプラノ、ストラスブール音楽院教授)
棚田文紀氏(作曲家、ピアニスト)
日時|12月1日(土)
開場|午後1:00 公演|午後1:30~3:00(途中休憩10分)
場所|講堂 ※申し込み不要、鑑賞無料、定員120名

こども美術館
集まれ!「キラキラ」探検隊!!
光はどんな姿をしているのでしょう。あなたならどんな風に表現しますか。芸術の森公園と特別室をめぐって、いろんな「キラキラ」を見つけてみよう!
日時|11月11日(日)
①午前10:00~11:30 ②午後1:30~3:00
対象|小学生・中学生(小学1~3年生は保護者同伴)
定員|各回保護者を含めて20名程度
場所|ワークショップ室・特別展示室
申込期間|10月10日(水)~11月4日(日)
※参加無料、雨天決行。雨具をご持参下さい。
「こども美術館」申込方法
FAXまたは電話にて以下の情報をお伝えください。
①参加希望時間 ②全員の氏名(付添の方も含む)
③年齢(学年) ④電話番号(FAX番号)
(申込先)山梨県立美術館「こども美術館」係
(開館日の午前9:00~午後5:00)
Tel.055-228-3322 Fax.055-228-3324

記念シンポジウム
ドービニーの画業を多角的に検討します。
日時|11月17日(土)午後1:30~4:00(予定)
パネリスト|三浦 篤氏(東京大学教授)
高橋明也氏(三菱一号館美術館館長)
小泉順也氏(一橋大学准教授)
小坂井玲(当館学芸員)
場所|講堂
※申し込み不要、聴講無料、定員120名
ホームページ
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/
会場住所
〒400-0065
山梨県甲府市貢川1-4-27
交通案内
■ 甲府駅からのアクセス

▪ 甲府駅バスターミナル(南口)より
御勅使・竜王経由敷島営業所・大草経由韮崎駅・貢川団地各行きのバスで 約15分 「県立美術館」下車。(料金:片道 280円)

▪ タクシーで 約15分。(料金1,700円程度)

■ 自家用車でのアクセス

中央自動車道 甲府昭和インターチェンジより 約10分
料金所を昇仙峡・湯村方面へ出て、200m先を左折、徳行立体南交差点を左折、アルプス通りを約2km直進、貢川交番前交差点を左折、国道52号を約1km左側。
ホームページ
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
山梨県甲府市貢川1-4-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索