タイトル等
山内道雄 「東京 2」
会場
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
会期
2018-11-17~2018-12-22
概要
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、11月17日(土)から12月22日(土)まで、山内道雄個展「東京 2」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーで2度目の個展となる本展では、山内がキャリアの最初期より取り組み、ライフワークとしてきた東京のスナップショットより、1980-90年代のモノクロ作品と2016-17年に撮影された新作のカラー作品を合わせ、約12点を展示いたします。

スナップショット(街歩き)

街を歩いていると、不思議なことだが、グッとくる瞬間に出会うことがある。人の表情や仕草、街やものの有様……。そんな場面に出会うと体(細胞)が勝手に反応してシャッターを切ることが多い。写真はとても簡単に写せる。安直といえば安直である。しかし、それは現実そのもののコピーなのだ。意味の主体は被写体の方にあり、そんな瞬間を受け止める気持ちでシャッターを切るようにしている。

また、興味や好奇心、感じたものを意のままに写せるのも愉しい。一日、さらに一日と撮り歩いているとやがて、生きがいにつながってゆくようなところがある。数枚ではわからないけれど多量に現れると、被写体に託して撮影者自身の生き方も自ずと反映されてゆく。

街歩きではビックリさせられる場面に遭遇することがある。眠っていた意識が不意打ちを食らって起こされたようで新鮮になれる。未知の自分に出会ったようでとても面白い。街には驚きが無限に潜んでいる。世界は予知できないことばかりで、人は自然の小さな一部にすぎないと感じてしまう。

2018年10月 山内道雄

1980年代初頭より、山内は一貫して人や街、そして時代を、光と影による写真表現を用いて捉えてきました。街をひたすらに歩き、現実の断片に対する自身の身体の感応をそのまま受け止めるようにシャッターを切る山内の撮影は、作家の考える写真の複写性――集積し、やがて歴史として形を成す純粋な記録のみに留まらず、街に潜む普遍的な真理をも写しとることができる唯一の表現としての可能性――をその基礎に置いています。写真家の生き様の表れである力強く緊張感のある写真群には、時や場所に呼応した変・不変の人や街の相貌と、そこに通底する万物の法則とも呼ぶべき世界の在り方と不思議に対する飽くなき探求の眼差しが見てとれます。
イベント情報
オープニング・レセプション: 11月17日(土) 18:00 - 20:00
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/19387/
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
交通案内
日比谷線・大江戸線「六本木駅」3番出口より 徒歩8分
南北線「六本木一丁目駅」1番出口より 徒歩8分
大江戸線「麻布十番駅」7番出口より 徒歩8分
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索