タイトル等
碧南市制70周年記念事業 開館10周年記念
愉しきかな!人生
―老当益壮(老いてますます盛ん)の画人たち
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2018-10-30~2018-12-16
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00
(入場は17:30まで)
観覧料
一般700円(560円)/高大生500円(400円)/小中学生300円(240円)
( )内は20名以上の団体料金。未就学児童、市内在住・在学の小中学生・高校生、市内在住の65歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料。受付に証明証をご提示ください。
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館、碧南市、碧南市教育委員会
協賛・協力等
共催:中日新聞社、CBCテレビ
概要
人生90年が当たり前の時代となりました。現在、日本ではおよそ4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎えています。定年退職後の生きがいの喪失、長期化する老後への経済的な不安、老老介護や孤立など、高齢化を取り巻く問題は山積しています。
一方、著名な画家には長寿の方が多く、90歳を過ぎても旺盛な制作活動を行った作家は少なくありません。若い時から模索と挑戦を続け、挫折と成功を繰り返しながら、長く制作活動を続けることで到達する自由な表現の境地。その作品は、高齢になっても毎日感動し、発見があり、夢中になって描き続けた画家の姿をも映しています。喜びにあふれ、生き生きとした生命力を宿し、輝きを放つ作品からは、感動と元気、そして老いを生きる希望をもらえるに違いありません。年齢を重ねるということは、より精神的な深みを増すということでしょう。それは決して芸術の世界のことだけではないはず。
本展では、明治期以降、現代までに活躍した日本画家、洋画家あわせて14人の超ご長寿の画家に焦点を当て、作家の個性が最初に表出した時期の作品や代表作に、90歳を過ぎてからの意欲的な作品をあわせ、その画業を紹介します。
さぁ、美術館からの提案です。老当益壮(老いてますます盛ん)の画人たちの絵をみて、いざいかん、超高齢社会!
イベント情報
※展覧会観覧には別途観覧料が必要です

◎記念鼎談:近況を語る [聴講無料]
日時:11月18日(日)14:00-15:30
出演者:野見山暁治氏(画家)、柳原正樹氏(京都国立近代美術館長)、木本文平(当館館長)
場所:大浜まちかどサロン(美術館向かい)
定員:60名

◎美術館講談「ほっとけ心のアッパレ介護」 [聴講無料]
自身の介護経験をユーモアたっぷりに繰り広げる創作講談をお楽しみください。
出演:田辺鶴瑛氏(講談師)
日時:11月10日(土)18:30-20:00
場所:1階ロビー
定員:100名 ※終演後21時まで夜間特別開館

◎アートリップ 対話型アート鑑賞プログラム [参加費500円]
グループで作品を見て、アートコンダクターの質問に答えながら感じたことを自由に発言、共有する認知症のある方に向けた鑑賞プログラムです。作品を見たあと、簡単な創作体験も行います。
日時:11月21日(水) ①10:00-12:00 ②14:00-16:00
対象:①認知症のある方と介護者の方
②60歳以上の方(※認知症予防として)
講師:時髙直子氏(ARTIMEET主宰・一般社団法人アーツアライブ認定 アートコンダクター)
場所:1階ロビー(集合)
定員:各8名
講演会、美術館講談、鑑賞プログラムともに10月5日(金)10:00より受付を始め、定員になり次第締め切ります。電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。お申し込みに当たってお知らせいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。

◎ギャラリートーク[聴講無料]
担当学芸員による展示説明会。
11月4日(日)、24日(土)、12月2日(日)、16日(日)、14:00から約30分。
予約不要。観覧券をお持ちの上、2階ロビーにお集まりください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/oitemasumasu.html
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索