タイトル等
marimekko SPIRIT
FINLAND MEETS JAPAN
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅡ
会期
2018-11-17~2019-02-24
休催日
月曜日(月曜が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日-1月3日)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般1000円(900円) 大学生800円(700円) 高校生以下無料
※「フィンランド陶芸展」「マリメッコ・スピリッツ展」共通チケット
※( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
主催者
岐阜県現代陶芸美術館
協賛・協力等
共催=中日新聞社 特別協力=マリメッコ、公益財団法人ギャラリーエークワッド、公益財団法人DNP文化振興財団 後援=フィンランド大使館、フィンランドセンター 企画協カ=S2株式会社
概要
マリメッコは、1951年にアルミ・ラティアによって創業されたフィンランドを代表するテキスタイルメーカーです。初期よりデザイナーやアーティストを招聘し、彼らに自由な創作の場を提供することで独創的なデザインを生み出してきました。マリメッコのデザインに特徴的な、鮮やかな色彩、大胆な構図、そして自然にインスパイアされた形態には、日本美術との親和性も見られます。
本展は、現在のマリメッコを牽引する3名の作家の代表作と共に、彼らが日本をイメージして制作した新作"JAPAN"を初披露するものです。さらに、マリメッコデザイン監修による茶室「真理庵」が会場に彩を添えます。日本の伝統的な茶室とマリメッコの革新的なテキスタイルデザインの融合は、これまでにない空間を創出することでしょう。
フィンランドと日本の文化が出会い、触発し合う場を体感ください。
イベント情報
マリメッコ茶会
マリメッコの食器やテキスタイルを道具に見立てた茶会
席主:加藤亮太郎(陶芸家・武者小路千家)
会場:セラミックパークMINO 茶室
日時:2019年1月19日(土) ①13:30-14:45 ②15:30-16:45
参加費:1000円
定員:各回15名 ※要事前申込(電話のみ)[受付開始:11月17日(土)]
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_4.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索