タイトル等
大分市美術館 第3期コレクション展
工芸家 生野祥雲斎と河合誓徳
会場
大分市美術館
常設展示室4
会期
2018-09-28~2019-01-14
休催日
平成30年10月2日(火曜日)、9日(火曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)、29日(月曜日)、11月12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、12月4日(火曜日)、10日(月曜日)、17日(月曜日)、12月25日(火曜日)、28日(金曜日)~平成31年1月4日(金曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般300円(250円)、高大生200円(150円)、 中学生以下は市内市外を問わず無料
※()は20名以上の団体料金
※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
概要
生野祥雲斎と河合誓徳は、それぞれ竹芸・陶芸の分野で大分だけでなく日本を代表する工芸家です。
祥雲斎は、別府で栄えた竹細工を芸術の域まで高め、竹芸の分野で初めて人間国宝に認定されました。誓徳は、日本新工芸展や日展を中心に活躍し、日本新工芸家連盟会長、日本芸術院会員、日展顧問を歴任しました。
竹と陶磁・・・素材に違いはありますが、伝統と創造の狭間でそれぞれの素材に挑み、用の美の中に独自の工芸品としての美を生み出しました。
今回の展示では、2人の創造の世界を紹介します。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/collection-exhibition3-4.html
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索