タイトル等
収蔵品による秋の小企画展
日本近代絵画の巨匠Ⅱ
~黒田清輝・和田栄作・橋口五葉・有島生馬~
会場
長島美術館
第7展示室
会期
2018-09-12~2018-12-02
休催日
毎週火曜日
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30)
観覧料
一般1000円/高大生800円
小中生400円/シニア(65歳以上)500円
※常設展6室もすべてご覧頂けます。
(団体20名様以上は2割引 ※シニア除く)
概要
今回、長島美術館の収蔵品の中から日本近代絵画の巨匠第2弾として、黒田清輝、和田英作、橋口五葉、有島生馬の4人の画家の作品をご紹介いたします。
日本近代洋画の父と呼ばれ、外光派の技法を広めた黒田清輝、黒田の弟子にあたり、終生写実を貫いた和田英作、アール・ヌーヴォー調の装飾本、美人画を描いた橋口五葉、雑誌「白樺」で日本に初めてセザンヌを紹介した有島生馬。
日本の近代洋画界に名を残したそれぞれの画業の一端をご覧ください。
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索