タイトル等
「愛について アジアン・コンテンポラリー」展
会場
東京都写真美術館
2階展示室
会期
2018-10-02~2018-11-25
休催日
毎週月曜日、ただし10月8日(月・祝)は開館、10月9日(火)は休館
開催時間
10:00~18:00
(木・金は20:00) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 800(640)円、学生 700(560)円、中高生・65歳以上 600(480)円
※( )は20名以上の団体料金 ※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料 ※第3水曜日は65歳以上無料
主催者
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/東京新聞
協賛・協力等
協賛 東京都写真美術館支援会員/凸版印刷株式会社/資生堂
概要
発展と変容の著しいアジア。現代写真・美術の世界においても、アジアに向けられる視線はますます熱くなっています。本展は家族、セクシュアリティ、ジェンダーのあり方に焦点をあて、変わりゆくアジアの現在をご紹介いたします。出展作品は、中国、シンガポール、台湾、韓国、在日コリアン、そして日本の女性アーティストによって構成されています。国も年齢もアーティストとしてのキャリアも異なる彼女たちの作品は、アジアン・コンテンポラリーとして高い評価を得ているという共通点以上に、女性の価値観が様々に変容するアジアの“今”を共有しています。彼女たちはそれぞれの現実を直視し、それぞれの“今”に思いを巡らせながら走り続けています。その眼差しの奥底にあるもの、それは「愛について」。
イベント情報
出品作家によるリレートーク
①ホウ・ルル・シュウズ×キム・オクソン
日時 2018年10月4日(木)18:00-20:00
②チェン・ズ×ジェラルディン・カン
日時 2018年10月5日(金)18:00-20:00
③キム・インスク×須藤絢乃
日時 2018年11月17日(土)15:30-17:00
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:50名(整理番号順入場/自由席) 入場無料/要入場整理券
*当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します
*逐次通訳付き(日本語)

ゲスト対談
小勝禮子(近現代美術史・美術批評)
笠原美智子(石橋財団ブリヂストン美術館 副館長、前・東京都写真美術館事業企画課長、本展企画者)
日時:2018年10月13日(土)15:30-17:00 会場:東京都写真美術館1階スタジオ
定員:50名(整理番号順入場/自由席) 入場無料/要入場整理券
*当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します

担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2、第4金曜日14:00より、担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、2階展示室入口にお集まりください。
ホームページ
https://aboutlove.asia/
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索