タイトル等
彫金のわざと美
山本晃の詩想と造形
会場
山口県立萩美術館・浦上記念館
会期
2018-10-02~2018-11-25
休催日
10月15日(月)、10月29日(月)、11月12日(月)
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
会期中、毎週金曜日は19:00まで開館(入場は18:30まで)
観覧料
一般1,000(800)円、70歳以上の方・学生800(600)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下の方および高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒は無料。
※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。
※前売券はローソンチケット(Lコード62475)、セブンチケットでお求めになれます。
※開館記念日(10月14日[日])はどなたも無料でご覧いただけます。
主催者
山本晃展実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、朝日新聞社、yab山口朝日放送)
協賛・協力等
後援 山口県教育委員会、萩市、萩市教育委員会、公益社団法人日本工芸会
特別協力 エフエム山口
概要
昭和19年(1944)山口県光市に生まれた山本晃(やまもとあきら)は、インダストリアルデザイナーとして東京で活躍した後、昭和49年(1974)に郷里の光市に戻ってほぼ独学で彫金の創作活動を始めました。
異なる金属板を銀鑞(ぎんろう)でつなぎ合わせて模様を創り出す「接合(はぎあわ)せ」、模様を輪郭で切り抜いて異なる金属板を嵌(は)め込(こ)む「切嵌象嵌(きりばめぞうがん)」といった、複雑で高度なわざを駆使し、色金(いろがね)の多彩なグラデーションを表現した器などのかたちに、山本は金属の堅さや冷たさを感じさせない豊かな詩情世界を表現してきました。
平成26年(2014)10月に重要無形文化財「彫金(ちょうきん)」の保持者に認定された、そのわざと美の洗練を初期作品から最新作までの約140点で紹介します。
イベント情報
①記念講演会「近代の金工と山本晃」【聴講無料・申込不要】
講師 榎本徹氏(岐阜県現代陶芸美術館顧問)
日時 10月6日(土) 13:30~15:00
会場 本館講座室(84席)

②〈アーティスト・トーク〉【要観覧券・申込不要】
アーティストから、作品についていろいろな話が聞けるチャンス!
日時 10月14日(日)・11月25日(日) 14:00~15:00
会場 本館2階展示室

③〈ワークショップ〉「金工のわざを知る」【要観覧券】
銀で自分だけのペンダントづくりに挑戦!!
講師 山本晃氏(重要無形文化財「彫金」の保持者) 岡本佳子氏(金工作家)
日時 11月11日(日) 13:00~16:30
会場 陶芸館多目的室
定員 16名
参加費 2,000円
※事前申込制(受付先着順)。
電話(0838-24-2400)にて、参加者全員の氏名・年齢・代表者の住所と電話番号(日中の連絡先)をお知らせ下さい。

④〈ギャラリー・ツアー〉【要観覧券・申込不要】
学芸員による作品解説
日時 10月7日(日)・10月21日(日)・10月28日(日)・11月4日(日)・11月18日(日) 11:00~12:00
会場 本館2階展示室
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/exhibition/special/2018/10/032059.html
会場住所
〒758-0074
山口県萩市平安古町586-1
交通案内
◆ 萩市内から美術館へのアクセス

●萩・明倫センターから徒歩約5分、または萩バスセンターから徒歩約12分
●JR 東萩駅から タクシー約7分
●JR 玉江駅から 徒歩約20分
●JR 萩駅から 萩循環まぁーるバス(西回り:晋作くん)約30分

※市外からバスでお越しのお客様は、萩・明倫センター、または萩バスセンターで下車されるのが便利です。
※萩循環まぁーるバスは、萩市役所を起点に松陰神社方面をめぐる東回りと城下町方面をめぐる西回りの2つのコースがあります。美術館からは、西回りバス停「萩美術館 浦上記念館・萩城城下町入口」のご利用が便利です。
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
山口県萩市平安古町586-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索