タイトル等
企画展
報恩大師信仰と寺院縁起
四十八ケ寺を中心に
会場
岡山県立博物館
会期
2018-09-13~2018-10-14
休催日
毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
開催時間
午前9時~午後6時
午前9時~午後6時 9月30日まで
午前9時30分~午後5時 10月1日から
観覧料
一般250円、65歳以上120円、高校生以下無料
概要
備前国四十八ケ寺は、平安時代以前にその基礎ができていたと見られる古刹ですが、奈良時代に報恩大師が備前国内に開創、中興したという伝承が広く取り入れられるようになったのは、江戸時代以降です。報恩大師の伝承はどのように広まり、採り入れられたのでしょうか。備前国四十八ケ寺のほか備中地方にまで広がった報恩大師の伝承を寺院縁起等を通して紹介します。
イベント情報
・記念講演会
※定員120名、先着順
※事前申込不要、聴講無料
日 時:9月22日(土)
午後1時30分~3時
講 師:岡山大学大学院准教授 德永 誓子 氏
演 題:「備前四十八ケ寺以前-中世吉備の寺院を考える-」

・学芸員による展示解説
日 時:9月13日(木) 10月13日(土)
いずれも午後2時~3時
その他:参加無料(入館料は必要)
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索