タイトル等
特別展
王朝文学への憧れ
歌・物語に染まる、もののあはれ
会場
林原美術館
会期
2018-09-15~2018-11-04
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
10時~17時
(入館受付は16時30分まで)
観覧料
一般800円 高校・大学生500円 小・中学生300円 友の会会員300円
※障がい者手帳提示の方・付添者:無料 団体(20名様以上):2割引
主催者
林原美術館
協賛・協力等
協賛 関西大学 中古文学会 後援 岡山県郷土文化財団 山陽新聞社 産経新聞岡山支局 RSK山陽放送
概要
四季折々の情景や自然の趣、恋情や別れの哀しみを歌に詠み、溢れる心情を交わした平安時代。貴族社会において和歌は教養であり、社交に華を添える大切な手段でした。また男女の揺れ動く恋心や貴族たちの人生観を描いた『伊勢物語』や『源氏物語』などの文学作品は、今なお人々に親しまれています。
雅やかな文化が生まれた平安朝は、柔和な「かな」文字が男性社会にも広く浸透した時代でもあります。男女の交流が盛んになり、和歌にも知性や気品が求められるようになると、『古今和歌集』など天皇の命によって撰進された勅撰和歌集や、西行法師、藤原定家など優れた歌人たちの和歌をまとめた家集が、詠歌の手本として重要視されました。
そうした文化は後世でも尊ばれており、江戸時代の大名も和歌をたしなみ、書の修練に励んでいます。また自然や人事に起因する心情や美意識をあらわす“もののあはれ”の精神や、文学作品の世界観が書や絵画など様々な形の芸術として昇華され、王朝文化への憧れはより一層高まるようになりました。
本展では、旧岡山藩主池田家に伝わる藩主自筆の和歌資料から、初代藩主池田光政書 写した『風葉和歌集抜書』や『古今和歌集』(清輔本)、二代藩主綱政と三代藩主継政が写本した物語や家集をはじめ、『源氏物語』の第7帖「紅葉賀」を描いた狩野養信筆「源氏物語図屏風」、櫛や貝合わせなど意匠を凝らした工芸品をご紹介し、藩主や絵師、人々が慕い学んだ王朝文学の優美な世界と様々な魅力に迫ります。
また「岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業協力展示PartⅢ」を岡山後楽園・野﨑家塩業歴史館と連携しており、『源氏物語』の「夕顔」を意匠とした『御所車に夕顔文唐織』など池田家伝来の美しい能装束もご覧いただきます。
イベント情報
【ギャラリートーク】
会期中の毎週土曜日14時から(約30分)学芸員によるギャラリートークを行います。

シンポジウム
林原美術館の資料と岡山池田家の文事―お殿様と王朝文化―
館蔵資料について、先生方に研究成果をふまえてお話しいただきます。
共催 関西大学、林原美術館
日時 平成30年9月16日(日)
13時~16時30分(受付12時30分~)
場所 岡山県立図書館 多目的ホール
(岡山県岡山市北区丸の内2丁目)
定員 120名(事前申し込み不要、先着順、参加費無料)

コンサート
「チェロの楽しみ―チェロと二十五弦筝の競演」
チェロの名曲をお琴の伴奏とともにお届けします。
日時 平成30年10月27日(土)開場18時 開演18時30分
出演 三船文彰氏 他
場所 林原美術館展示室内 特設ステージ
定員 70名(要予約)
参加費 2,500円(入館料別途)

お茶会
初心者の方大歓迎!!
『はじめての茶道!基本の「き」の会』
これから作法を身につけたい方、ぜひご参加ください。
日時 平成30年9月23日(日)
場所 林原美術館内 茶室「竹明庵」
担当 ノートルダム清心女子大学茶道部
定員 56名(要予約)
参加費 500円(入館料別途)
※参加費は変更になる場合がございます。

「名残の茶会」
展覧会にちなんだしつらえで皆様をお迎えします。
日時 平成30年10月28日(日)
場所 林原美術館内 茶室「竹明庵」
亭主 石田宗祥氏(速水流)
定員 80名(要予約)
参加費 友の会会員1,200円/一般1,700円(入館料込み)
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/data/408/exhibition_tpl/
会場住所
〒700-0823
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
交通案内
■JR岡山駅から 徒歩25分
■岡電バス/ 岡電高屋行 県庁前下車 徒歩3分
■宇野バス/ 瀬戸駅前行・四御神行 県庁前下車 徒歩3分
■市内電車/ 東山行 県庁通下車 徒歩7分
■循環バスめぐりん/ 県庁線、県庁・京橋線(Cルート) 県庁前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.hayashibara-museumofart.jp/
岡山県岡山市北区丸の内2-7-15
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索