タイトル等
東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展
マルセル・デュシャンと日本美術
Q.花入と便器の共通点は?
美術(デュシャン)は見るんじゃない。考えるんだ。
会場
東京国立博物館 平成館
特別第1・2室
会期
2018-10-02~2018-12-09
休催日
月曜日 ※ただし10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)は休館
開催時間
9:30~17:00
(金・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般1,200円(1,000円/900円)/大学生900円(700円/600円)/高校生700円(500円/400円)/中学生以下無料
*( )内は前売/20名以上の団体料金 *障がい者とその介護者1名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
*前売券は8月24日(金)~10月1日(月)まで、東京国立博物館正門チケット売り場(窓口、開館日のみ)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて販売
主催者
東京国立博物館、フィラデルフィア美術館
協賛・協力等
[協力]日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社
概要
聖地(フィラデルフィア)からデュシャンがやってくる!
マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。
この展覧会は、第1部「デュシャン 人と作品」(原題:The Essential Duchamp)展と第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展の2部構成です。第1部では、フィラデルフィア美術館が所蔵するデュシャンによる油彩画、レディメイドおよび写真や関係資料、さらに東京大学駒場博物館の≪大ガラス≫の複製など、計150余点を時系列で紹介、デュシャンの創作活動の足跡をご覧いただきます。第2部では、当館蔵の国宝、重要文化財を含む日本美術作品により、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせることによって、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとする企画です。世界に冠たるフィラデルフィア美術館のデュシャン・コレクションがまとまって出品される初めての機会であるとともに、それらを日本美術と比べて見ていただく世界で初めての試みとなります。この展覧会では「美術」を見るのではなく「考える」ことで、さまざまな知的興奮を呼び起こしてください。
イベント情報
会場:平成館大講堂
定員:380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
聴講料:無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。)
※申し込み方法など詳細は、当館WEBサイトをご覧ください。

1.記念講演会「デュシャンの本質」※同時通訳付(講演は英語で行われます)
日時:10月6日(土)13:30-15:00(13:00開場)
講師:マシュー・アフロン(フィラデルフィア美術館学芸員)

2.トークショー「デュシャンの向こうに日本がみえる。」
日時:10月16日(火)14:00-15:00(13:30開場)
講師:山田五郎(評論家)×松嶋雅人(当館研究員)
展示替え情報
※会期中展示替えがあります
ホームページ
http://www.duchamp2018.jp/
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索