タイトル等
エドワード・ゴーリーの優雅な秘密
会場
八王子市夢美術館
会期
2018-07-13~2018-09-02
休催日
月曜日 (ただし、7/16は開館し、7/17(火)が休館)
開催時間
午前10時~午後7時
(ただし、8/3・4は午後8時まで開館。入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 700(560)円 学生[高校生以上]・65歳以上 350(280)円 ※中学生以下無料
( )内は15名以上の団体
主催者
公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団
協賛・協力等
協力:Edward Gorey Charitable Trust / Brandywine River Museum / 株式会社 河出書房新社
後援:一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)
企画協力:株式会社イデッフ
概要
不思議な世界観と、モノクロームの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつアメリカの絵本作家エドワード・ゴーリー(1925-2000)。時に人を不安な気持ちにさせる不気味さとナンセンス、そして余韻を残す優雅なユーモア、ゴーリーの作品はミステリー小説のような物語と、押韻、造語。古語などを駆使した文章、そして細かく描かれた魅惑的なペン画によって多くの人々に愛され、日本でも『ギャシュリークラムのちびっ子たちまたは遠出のあとで』や『うろんな客』、『不幸な子供』などの絵本で高い人気を得ています。とはいえ邦訳されている絵本は、ゴーリーというアーティストのほんの一面に過ぎません。彼自身が文章とイラストの両方を手がけた主著だけで100冊を超え、さらに、挿絵、舞台・衣装のデザイン、演劇やバレエのポスターなど、制作活動と才能は多岐にわたります。本展では、ゴーリーの没後、エドワード・ゴーリー公益信託とブランディワイン・ リバー美術館によって組織され各国を巡回した原画展を元に、個人コレクターの所蔵品を加え、貴重な原画・草稿・書籍などからゴーリーの多彩な制作活動をたどり、謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。
イベント情報
ギャラリートーク
講師:石川真紀子(白泉社MOE編集部 副編集長)
内山さつき(ライター)
日時:8月11日(土・祝) 午後1時30分より午後2時30分
会場:八王子市夢美術館展示室
費用:無料(ただし観覧料が必要です)
定員:なし(座席はございません)
申込不要 当日直接会場にお集まりください

はちおうじ美術館めぐりSUN ☆ KANラリー
期間:7月28日(土)~9月2日(日)
市内の夢美術館、東京富士美術館、村内美術館の展覧会をみて、クイズに答えスタンプを集めると記念品がもらえます。
ホームページ
http://www.yumebi.com/exb.html
会場住所
〒192-0071
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
交通案内
●JR線「JR八王子駅」下車北口より 徒歩15分。京王線「京王八王子駅」下車 徒歩18分。

●駅よりバスでご来館のお客様は、バス停「八日町一丁目」で下車してください。
高尾・陣馬方面より バスでご来館のお客様は、バス停「八日町四丁目」で下車してください。
※JR八王子駅北口からは 「6~10」番乗り場、京王八王子駅からは「2、3」番乗り場をご利用ください。ただし、急行バスは止まりません。

●車でご来館のお客様は地下駐車場「八日町夢街道パーキング(有料・割引有り)」が最寄りです。
ホームページ
http://www.yumebi.com
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索