タイトル等
第27回九州産業大学美術館所蔵品展
パリ→池袋→福岡・モンパルナス
―芸術家が街に出る―
会場
九州産業大学美術館
会期
2018-06-09~2018-07-29
休催日
月曜日(7月16日は開館)
開催時間
10時~17時
(入館は16時30分まで)
観覧料
一般200円、大学生100円
高校生以下および65歳以上の方は無料
九州産業大学、九州造形短期大学部の学生・教職員は無料
主催者
九州産業大学
協賛・協力等
後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本、朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞社(順不同)
概要
スマートフォンは当然なく、電話さえも一般的でなかった時代。街に出ることがネットワークを生み出す唯一の手段だった時代。彼らは同じ街に集い、暮しはじめ、日々街の中で、人、人、人、そしてまた人と出会っては芸術談議を交わし、彼らにとっての芸術を仲間とともに探求しました。街の人たちもまた、芸術家を受け入れ、芸術を愛しました。そこに沸き起こった目に見えない場の力に背中を押されるかのように、芸術家たちは筆を走らせ、創作に没頭したのです。

本展は、パリ、池袋の芸術家たちが集って暮らした街と、私たちが暮らすここ、福岡の天神中州エリアを中心に取り上げます。それぞれの地で活躍した芸術家の名作約30点とともに、街と芸術家の関わりをご紹介します。
「街」がなければ生み出せなかった、熱くて濃い芸術ワールドにようこそ。
イベント情報
「福岡モンパルナスツアー」
担当学芸員と一緒に福岡天神・中州エリアのアートスペースやギャラリーを巡るツアー。あなたも街に出て、アートスポットのあゆみを学びながら、ちょっぴり知的で楽しい時間を過ごしてみませんか?
日時 日時等詳細は、随時当館HPに掲載します。
参加費 無料
定員 各10名(応募者多数の場合は抽選)
※ツアーの詳細は美術館HPをご覧いただくか、美術館にお問合せください。
【申込方法】
下記の必要事項をお書きの上、FAX、メールのいずれかの方法でお申し込みください。
①参加を希望される方お名前(ふりがな)・性別・生年月日
②連絡先(住所・電話番号・メールアドレス) ③参加希望日(両日参加も可)
申込み・問合せ先/九州産業大学美術館(担当:小栗栖)
TEL:092(673)5160 FAX:092(673)5757
E-mail:ksumuseum@ip.kyusan-u.ac.jp

「クロス×トーク①」
地域と美術館それぞれの立場から福岡でアート活動を展開してきたお二人に福岡のアート史を語っていただきます。
日時 平成30年6月26日(火)15時~16時30分(受付14時30分~)
場所 九州産業大学中央会館5階51番教室
講師 宮本初音(ART BASE88)
川浪千鶴(元 福岡県立美術館 学芸課長)

「クロス×トーク②」
福岡でアート空間の運営者やアーティストといった様々な立場で活動する方々によるトークセッション。福岡のアートシーンの「今」と「これから」について考えます。
日時 平成30年7月14日(土)16時~18時(受付15時30分~)
場所 art space tetra(福岡市博多区須崎町2-15)
ホームページ art space tetra 検索
講師 佐藤恵一(IAF SHOP*代表)
齋藤一樹(WHITE SPACE ONEディレクター)
渡邊瑠璃(アーティスト/三樹荘代表) 他
最新情報はこちら→九州産業大学美術館 検索

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)
担当学芸員が展覧会の見どころをお話します。
日時 展覧会会期中の毎週水曜日12時20分から20分間
場所 九州産業大学美術館展示室 申込不要
会場住所
〒813-8503
福岡県福岡市東区松香台2-3-1 九州産業大学内
交通案内
JR鹿児島本線:「九産大前」下車、徒歩5分

西鉄バス:「唐の原」バス停下車 徒歩約5分
天神中央郵便局前[18Aのりば]から [21A・26A]

「九州産業大学南口」バス停下車 徒歩約8分
天神中央郵便局前[18Aのりば]から[急行(新宮・緑ヶ浜行き)]
天神日銀前[19Aのりば]から[急行(赤間営業所行き)]

車:福岡都市高速「香椎東出口」降車「産大前」の交差点より入る
(本学体育館横駐車場をご利用下さい)
ホームページ
http://www.kyusan-u.ac.jp/ksumuseum/
福岡県福岡市東区松香台2-3-1 九州産業大学内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索