タイトル等
特別企画展
真鍋大度 ∽ ライゾマティクスリサーチ
トップクリエイターが描くアートの未来
新作を含む真鍋大度、rhizomatiks researchの個展 国内初開催
会場
鹿児島県霧島アートの森
アートホール
会期
2018-11-16~2019-01-14
休催日
月曜日休園(祝日の場合は翌日休園,12/31~1/2は年末年始のため休園)
開催時間
9:00~17:00
(入園は16:30まで)
観覧料
一般:800(600)円/高大生:600(400)円/小中生:400(300)円
( )内は前売り又は20名以上の団体料金

【前売券販売所】
南日本新聞社,MBC南日本放送,霧島山麓湧水町観光協会加盟店舗,霧島温泉市場,コープサービス,鹿児島大学生活協同組合,県職員生協,宮崎県立美術館,都城市立美術館,宝山ホール(鹿児島県文化センター),What,山形屋プレイガイド,大谷画材,集景堂,十字屋クロス,高木画荘,国分進行堂,チケットぴあ(Pコード: 769-360),ローソンチケット(Lコード: 82020),e+イープラス
主催者
主催者
鹿児島県文化振興財団/南日本新聞社/MBC南日本放送
協賛・協力等
【協力】湧水町/霧島山麓湧水町観光協会/第一交通産業株式会社
【技術協力】キヤノンマーケティングジャパン株式会社/株式会社アスカネット
【企画協力】株式会社ライゾマティクス
【コーディネーション】四元朝子(サンカイ・プロダクション合同会社)
概要
国内の美術館では初開催
新作を含む真鍋大度とライゾマティクスリサーチの新たな挑戦
真鍋大度は,コンピュータやプログラミング技術を駆使して,従来のものごとに新たな見方を提示する作品を生み出すアーティストです。様々なアーティストとのコラボレーションを行い,デザイン,アート,エンターテインメントなど幅広い領域で活動しています。本展は,国内の美術館では初となる真鍋の個展であり,これまでに発表された作品や関連資料により活動の軌跡を辿りながら,あわせて新作を紹介します。鹿児島県霧島アートの森の環境を生かしつつ独自の空間構成により,真鍋の独創性や先見性を展観します。
イベント情報
◎11月16日(金)14:00~ オープニングセレモニー
◎11月16日(金)14:30~ アーティストトーク
◎11月17日(土)13:30~15:00

アーティストトーク「真鍋大度×神谷之康(京都大学教授)」
11月16日(金)から開催される特別企画展「真鍋大度∽ライゾマティクスリサーチ」の関連イベントとして,アーティストの真鍋大度氏とコラボレーターの神谷之康氏(京都大学情報学研究科教授)が,本展で展示されるコラボレーション作品(新作)の制作背景や,研究とテクノロジー・アートの関係などについて語ります!
【日時】2018年11月17日(土)13時30分~15時(開場は13時)
【場所】鹿児島県霧島アートの森 多目的スペース
【登壇者】真鍋大度×神谷之康(京都大学教授)
【定員】70人程度
【備考】
・当日12時30分より館受付にて観覧整理券(座席券)を先着順に配布します。
(当日付の企画展観覧チケットをご提示ください。)
・観覧整理券がない場合も,会場後方・会場外側より立見ができます。

◎12月15日(土)13:30~ アーティストトーク

◎コーディネーターによるギャラリーツアー(各日14:00~)
11月25日(日),12月9日(日)・23日(日),1月6日(日) 計4回

◎鑑賞ガイドの配布

※詳細はホームページに掲載します。
ホームページ
https://open-air-museum.org/event/event-36404
会場住所
〒899-6201
鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
交通案内
鹿児島中央駅から

JR日豊本線+肥薩線(隼人駅乗り換え)、または観光特急「はやとの風」にて「JR栗野駅」下車。
湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで霧島アートの森へ。
(タクシーで約20分)
■ JR鹿児島中央駅(特急「はやとの風」)~栗野駅 (約80分)
■ JR鹿児島中央駅~隼人駅乗り換え~栗野駅 (約90分)

鹿児島溝辺空港から

空港リムジンバス「南国交通 大口・水俣行き」にて「いきいきセンターくりの郷」下車。
湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで霧島アートの森へ。
(タクシーで約20分)
■湧水町営ふるさとバス (約20分~40分)

九州自動車道 栗野ICから

九州自動車道「栗野IC」から、霧島アートの森へ約20分。
■鹿児島北I.C~栗野I.C (約56km、約40分)
■栗野I.C~霧島アートの森 (約12km、約20分)
ホームページ
http://open-air-museum.org/ja/
鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索