タイトル等
モダンアート再訪
ダリ、ウォーホルから草間彌生まで
福岡市美術館コレクション展
会場
広島市現代美術館
会期
2018-06-02~2018-08-26
[ただし7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館]
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00
(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,200(1,000)円、大学生900(700)円、高校生・65歳以上600(500)円
*中学生以下無料 *( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
主催者
広島市現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
後援:広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
概要
20世紀の美術は、次々に現れる前衛的な美術運動によって彩られています。シュルレアリスムから戦後の抽象表現主義、ポップ・アートまで、欧米を中心に展開した美術の流れは、モダンアートとも呼ばれています。
1979年に開館した福岡市美術館は、近現代美術と古美術を二つの柱とした16,000点に及ぶ幅広いコレクションをもつ美術館として知られています。
2019年のリニューアルオープンに向けた大規模な改修工事の期間にあることを貴重な機会として、この展覧会では同館が所蔵するヨーロッパとアメリカ、そして日本の優れた作品約70点を一堂に紹介し、モダンアートの歴史を改めてたどります。
イベント情報
関連プログラム
■講演会「コレクションはどのようにつくられたのか 福岡市美術館の場合」
講師:尾野正晴(静岡文化芸術大学名誉教授、元福岡市美術館学芸員)
日時:6月2日(土)14:00ー15:30
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ*要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

■スペシャル・ギャラリートーク
講師:尾崎信一郎(鳥取県立博物館副館長、本展企画者)
日時:7月15日(日)14:00-15:30*要展覧会チケット、事前申込不要

■当館担当学芸員によるギャラリートーク
日時:7月28日(土)、8月11日(土・祝)いずれも14:00-15:00*要展覧会チケット、事前申込不要

■アートナビ・ツアー
毎週土曜・日曜・祝日 各日11:00~および14:00~
(講演会、ギャラリートーク開催時は除く)*要展覧会チケット、事前申込不要
ホームページ
https://www.hiroshima-moca.jp/modern_art_revisited/
会場住所
〒732-0815
広島県広島市南区比治山公園1-1
交通案内
◎広島駅から
[路面電車] 5番「広島港」行き ▶ 「比治山下」下車、約500m

[バス]
①広島バス (26-1番系統) 「旭町」行き
②広島バス (31番系統)「県病院」行き
③広電バス (5番系統) 「大学病院」行き
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約700m

[タクシー] 約10分

◎紙屋町から
[バス] 紙屋町(県庁前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎八丁堀から
[バス] 八丁堀 (ヤマダ電機前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎市内循環バス ひろしま めいぷる~ぷ
▶ 「現代美術館前」下車、約100m
ホームページ
http://www.hiroshima-moca.jp/
広島県広島市南区比治山公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索