タイトル等
収蔵作品展
佐倉美術協会の70年
きょうもこのまちで だれかがえがく だれかがつくる
私たちは芸術がどうのこうのというより、楽しくと集っていたし。
ところが当時は絵を観にくる人が全然いなくて。
絵描きなんていうのは変わり者だということになっていたし、
時代的にも生活の為にそれどころではないという感じだったし。
自画自賛で楽しくやっていました。
活動も思うに任せなくなってしまいました。
美術協会だけは細々となくさない様にしてはいましたが。
それに、先生(プロの作家)と町の作家の考えが違ってなかなか難しかったですねえ。
素人とは一緒にできないという人もいたりして、
一方で楽しくやれればという人もふえてきました。
「おまえは素人だからだめだ。」なんていう人もいて
それでは美術協会を創った時の精神に合わないから
好きで描いているのが一番いいと思います。
専門家が入るということは大切なんですけど。
観る人を増やすということも同時に大切だと思うんです。
会場
佐倉市立美術館
会期
2018-05-12~2018-06-24
休催日
月曜日(5月14日、21日、28日、6月4日、11日、18日)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
無料
主催者
佐倉市立美術館
概要
戦後間もない1948(昭和23)年、木村康正、高橋凡平、結田信の3人を中心に、絵を描くのが好きな数人集まって、佐倉美術協会が結成されました。まわりは「生活の為、それどころではない」という時代。しかし、地道な活動を続けるうち、市民の文化的な活動も広がっていきました。学校の先生やサークルで美術を教える人々も佐倉美術協会に参加し、工芸も出品されるようになり、市内の美術愛好者はその数を増やしていきます。
1981(昭和56)年、佐倉市教育委員会の主催で開催された第1回佐倉市秀作美術展では、浅井忠の作品や、全国的な団体展で活躍する作家の作品とともに、佐倉美術協会会員の作品も展示され、協会の活動はひとつの転換点を迎えたように思われます。
1994(平成6)年、佐倉市立美術館が開館すると、佐倉美術協会展、佐倉市民文化祭の美術展、新春佐倉美術展が毎年美術館でおこなわれ、多くの市民の作品が発表されるようになりました。
今年、佐倉美術協会は結成から70周年を迎えます。結成時のメンバーは世を去りましたが、その活動は受け継がれ、佐倉で絵を描き、ものをつくる営みは、ますますさかんになっているようです。
この展覧会では、佐倉市立美術館の収蔵作品の中から、佐倉美術協会に所属した作家の作品を紹介し、70年のあゆみをふりかえります。
イベント情報
●ミュージアムコンサート
日時:2018年5月20日(日) 14:00~
出演:水藤晶(ピアノ)
日時:2018年6月17日(日) 14:00~
出演:岩崎紀子(ソプラノ)・高尾愛子(ピアノ)
両日とも1階ロビー 申込不要 無料
協力:佐倉楽友協会

●ボランティアによる対話型鑑賞会「ミテ・ハナソウ・カイ」
2018年5月27日(日)/2018年6月24日(日)
各日2回 11:00~・14:00~
ホームページ
https://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/exhibition/bijyutukyoukai70.html
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索