タイトル等
英山・英泉・国貞 美人画展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2018-05-16~2018-07-01
休催日
月火休館
開催時間
10:00~16:00
ゆっくりご鑑賞いただくため、予約をお願いしております。 予約受付 04-7120-1489(イーヨヤク)
観覧料
大人700円 小中学生400円
概要
浮世絵の美人画で一時代を築いた喜多川歌麿が急死した後、世間が求めていた歌麿風美人画で売り出し人気作家となったのが菊川英山です。歌麿風の美人画でしたが、歌麿とはちがった上品で穏やかな女性を描きました。
英山の人気は長続きせず、大衆の好みは、色香を全面的に出す、粋であだっぽい美人画に移っていきます。この大衆の好みをうまくつかんだのが、英山の弟子の渓斎英泉と、歌川国貞のちの三代歌川豊国でした。
浮世絵の美人画は、その時代の大衆の好みを優先に描かれました。江戸時代末の浮世絵美人画をリードした、英山、英泉、国貞(三代豊国)の描く美人画をお楽しみください。
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索