タイトル等
浦上コレクション
北斎漫画
驚異の眼、驚異の筆
会場
うらわ美術館
会期
2018-04-21~2018-06-17
休催日
月曜日、4月30日は開館、5月1日(火曜日)
開催時間
10時~17時
土日のみ~午後8時(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般610円(480円)、大高生410円(320円)、中小生200円(160円)
・ ( )内は20 名以上の団体料金
・ 障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名は半額
・ 観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご覧いただけます(観覧日から1年以内、1名様、1回限り)。
主催者
うらわ美術館
協賛・協力等
企画協力 山形美術館、株式会社アートワン
概要
世界でその名を知られる江戸の浮世絵師、葛飾北斎(1760‐1849)。北斎が残した数々の名作の中でも、《冨嶽三十六景》と並ぶ代表作として知られるのが『北斎漫画』です。弟子たちの絵手本として1814(文化11)年に初編が刊行されると、庶民の絶大な人気を博して版を重ね、北斎没後の1878(明治11)年まで全15編が刊行されました。この中で北斎は、人々の生活や動植物、自然現象や各地の名勝、さらには神仏、幽霊まで、森羅万象のあらゆるものを生き生きと描き出しています。洒脱な筆使いとダイナミックな構図、人々の特徴や一瞬の動きをとらえたユーモラスな描写は、自ら「画狂老人」と称して90歳まで絵を描き続けた北斎の、驚くべき画力、眼力を雄弁に物語っていると言ってよいでしょう。
本展では、世界一の質と量を誇る、浦上満氏の『北斎漫画』コレクションより、摺りが早く保存状態の良い選りすぐりの約200点をご紹介します。あわせて、さいたま市立漫画会館所蔵本も一部展示します。世界の画家たちを惹きつけ、今なお私たちを魅了してやまない北斎芸術のエッセンスが凝縮した『北斎漫画』の世界をじっくりとお楽しみ下さい。
イベント情報
特別講演会
浦上満氏(浦上蒼穹堂代表)「世界を驚かせた北斎漫画」
4月22日(日曜日)、14時~15時半 (視聴覚室)
無料。先着順60席。当日11時より受付にて整理券を配布します

当館学芸員によるギャラリートーク
5月6日(日曜日)、5月19日(土曜日)、6月2日(土曜日)、各14時~
自由参加。ロビーに集合。当日の観覧券が必要です

同時期開催

収蔵品展 初公開 三尾呉石《猛虎之圖》
平成30年5月2日(水曜日)~6月17日(日曜日)
ギャラリーD、観覧無料
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/whatson/exhibition/p057666.html
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索