タイトル等
チャペック兄弟の子どもの世界
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2018-07-01~2018-09-09
概要
「ロボット」という言葉の生みの親としても知られるチェコの作家カレル・チャペック。絵本「長い長いお医者さんの話」や「こいぬとこねこはゆかいな仲間」の挿絵などにより、日本でも人気の高い兄のヨゼフ・チャペック。本展では、ヨゼフの油彩やパステル画、絵本原画、カレルにより、チャペック兄弟の温かい眼差しから生み出された子どものための芸術を紹介いたします。
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/exhibition_next
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索