タイトル等
月岡芳年
-多様な画風を生み出した浮世絵の鬼才-
会場
茂木本家美術館
会期
2018-03-28~2018-05-13
ゆっくりご鑑賞いただくため、予約をお願いしております。
休催日
月火休館
開催時間
10:00~16:00
観覧料
大人700円 小中学生400円
概要
月岡芳年は、浮世絵が需要を失い終焉を迎える幕末から明治にかけ活躍した絵師で、「最後の浮世絵師」と呼ばれることもあります。明治時代に浮世絵は報道的性格を強めます。その中で芳年は芸術性の高い作品を生み出しました。
武者絵で有名な歌川国芳を師に持ち、武者絵を継承しつつ歴史画として発展させ、人気絵師となりました。晩年は芝居の演目に題材をとった作品や美人画など伝統的な浮世絵に回帰しました。
本展では、《風俗三十二相》など江戸の美意識が描かれた芳年後期の作品を中心に展示いたします。
多くの弟子を育てた芳年の画系は水野年方、鏑木清方、伊藤深水へと続き、浮世絵の伝統をつたえました。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition1.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索