タイトル等
生誕100年
清宮 質文
あの夕日の彼方へ
―私の絵は悲しむ人々と共にある―
会場
茨城県近代美術館
会期
2018-02-23~2018-04-08
休催日
4月2日(月) ※水戸の梅まつりにあわせて会期中4月1日まで無休
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般980(850)円/高大生720(600)円/小中生360(240)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※満70歳以上の方、障害者手帳等をご持参の方は入場無料
※春休み期間を除く土曜日は高校生以下入場無料 ※茨城県立の美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)主催の展示会で一年間に何回でもご利用いただける共通年間パスポート(一般3,090円/高大生2,060円/小中生1,030円)を各美術館にて販売中
主催者
茨城県近代美術館 読売新聞社 美術館連絡協議会
協賛・協力等
協賛:ライオン 大日本印刷 損保ジャパン日本興亜 日本テレビ放送網 株式会社常陽銀行
概要
木版画家として知られる清宮質文(せいみやなおぶみ)(1917-1991)。清宮は版による複製性よりも、「彫り」の線や、「摺り」による色の重なりといった、版画ならではのイメージの中に、表現の可能性を追求しました。透明水彩を用い、摺りごとに色調を変えるその版画作品は、みる人の心にしみ入るような詩情に溢れ、今なお多くの人を魅了しています。
この著名な作家が水戸市内の墓地に眠ることは、あまり知られていません。かつて清宮家は常陸国鹿島郡夏海(なつみ)(現在の茨城県大洗町成田町の一部)の豪族で、清宮質文の先祖は守山藩(水戸藩の支藩)の藩士でした。
本展は、茨城ゆかりの作家清宮質文の生誕100年を記念する回顧展として、年代順に制作テーマを追いながら、木版を中心に、水彩、ガラス絵など191点を紹介します。
イベント情報
オープニングセレモニー及び内覧会
参加者募集 50名様を当日無料ご招待!清宮さんの大好きだった●●もプレゼント!
日時:2月22日(木) 14:30~
往復ハガキ(往信用文面に希望者全員[4名様まで]の住所・氏名・年齢・電話番号を、返信用宛先面に宛先を明記の上、当館「オープニング係」宛)または来館時にお申込みください。
申込締切:2月9日(金)必着

●講演+実演「清宮の木版技法のツボ」
日時:3月4日(日)14:00~15:30
講師:岩佐徹(版画家)
会場:当館地階講堂
定員:250名(申込不要,参加無料)

●担当学芸員によるギャラリートーク
日時:3月11日(日)14:00~15:00
講師:井野功一(当館学芸員)
定員:なし(申込不要、要企画展チケット)

●ミュージアムコンサート
「好文の梅 華麗なる桜 春の一日“箏”の花を咲かせます」
日時:3月18日(日)14:00~15:30
出演:水野箏曲会(水野紀美子氏ほか)
内田有一氏(クラリネット)
会場:当館地階講堂
定員:250名(申込不要、参加無料)

●ワークショップ&トーク
「ガラス絵~心の中の閃光~」
日時:3月24日(土)11:30~16:30
講師:山中現(画家・版画家)
会場:当館地階講座室および展示室
定員:先着30名(要申込、要企画展チケット)
※小学3年生以下は保護者同伴
申込方法:往復ハガキ(返信用文面に希望者全員[4名様まで]の住所・氏名・年齢・電話番号を、返信用宛先面に宛先を明記の上、当館「ガラス絵ワークショップ係」宛)または来館時にお申し込みください。
材料費:700円
申込締切:3月9日(金)必着

各イベントの詳細はホームページをご覧いただくか、当館までお問い合わせください。
展示替え情報
※会期中、一部展示替えがあります。
前期2月23日(金)~3月16日(金)/後期3月17日(土)~4月8日(日)
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索