タイトル等
館蔵
古伊万里 華やぎのうつわ
会場
松岡美術館
展示室4
会期
2018-01-30~2018-05-20
休催日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は4時30分まで)
観覧料
一般800円/65才以上・障害者700円/中高大生500円(20名以上の団体は各100円引)
概要
江戸時代初期17世紀の初めに肥前有田で誕生した磁器は、17世紀半ばから約100年にわたって伊万里港から海外へと盛んに輸出されました。それらは、中国陶磁に代わる品としてオランダ東インド会社が大量に注文したものでした。
乳白色の磁肌に清澄な色彩で花鳥や唐人物が絵付けされた優美な柿右衛門様式、濃紺の染付に赤と金による桜花や菊、元禄美人が煌びやかな古伊万里金襴手は、ヨーロッパの王侯貴族たちを魅了してコレクションされ、城館や食卓を飾りました。
さらに、佐賀鍋島藩が徳川将軍家への献上の品として特別に開発した格調の高い色鍋島、大胆な構図が緑や黄で濃厚に彩られ大名ら富裕層の宴をにぎわせた初期色絵の古九谷様式など国内向けの製品も合わせて、約50件による華やぎのうつわの世界をお楽しみ下さい。
イベント情報
[ギャラリートーク]
第1~第4土曜日午後2時より(入館者は聴講無料)
内容はお問い合わせください。
ホームページ
http://www.matsuoka-museum.jp/exhibition/exhibition.html
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6
交通案内
■東京メトロ地下鉄南北線・都営地下鉄三田線「白銀台駅」1番出口から徒歩7分
■JR「目黒駅」東口から徒歩15分
■都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば 黒77:千駄ヶ谷駅行 橋86:東京タワー行・新橋駅行「東大医科研病院西門」下車
ホームページ
http://matsuoka-museum.jp
東京都港区白金台5-12-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索