タイトル等
いつだって猫展
会場
静岡市美術館
会期
2018-04-07~2018-05-20
休催日
毎週月曜日 ただし4月30日(月)は開館
開催時間
10:00~19:00
(展示室への入場は閉館の30分前まで)
観覧料
当日 一般 1,200円 大高生・70歳以上 800円 中学生以下 無料
前売および20名以上の団体 一般 1,000円 大高生・70歳以上 600円 無料
*障害者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料

前売券
販売期間:3月1日(木)から4月6日(金)まで販売
静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード768-879]、ローソンチケット[Lコード46001]、セブンチケット[セブンコード060-916]、谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、高松店、流通通り店)、戸田書店静岡本店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

前売ペアチケット(一般のみ):1,800円(2枚組)
販売期間:3月1日(木)から4月6日(金)まで販売
静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード768-880]、ローソンチケット[Lコード46002]、セブンチケット[セブンコード060-917]

オリジナルマグ付チケット(一般のみ): 1,800円
販売期間:3月1日(木)から4月6日(金)まで販売
チケットぴあ[Pコード768-881]
※ 1,000枚限定
主催者
静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、Daiichi-TV
協賛・協力等
共催:中日新聞東海本社
後援:静岡市教育委員会、静岡県教育委員会
概要
いつの時代も猫は大人気。日本人の暮らしに寄り添い愛されてきた猫は、古くから物語や絵画に登場する身近な存在です。特に江戸時代後期、「猫ブーム」が到来すると、浮世絵、歌舞伎、版本などに多く取り上げられました。しかしその姿は可愛いだけではありません。ねずみ退治の頼もしい姿や人々を脅かす化け猫、福を招く縁起物と、猫たちはさまざまな姿で江戸の世を駆け巡りました。本展では、猫を題材とした浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交え、江戸後期から明治にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を紹介します。
ホームページ
http://shizubi.jp/exhibition/future_180407.php
会場住所
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
交通案内
○ 電車
JR 静岡駅北口より 地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道 新静岡駅より 徒歩5分

○ 新幹線
東京駅・名古屋駅から 東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から 東海道新幹線ひかり号で約2時間

○ 車
東名 静岡ICより 約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。

○ 空路
富士山静岡空港より 静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
ホームページ
http://www.shizubi.jp/
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索