タイトル等
モネ それからの100年
あなたはモネのどこが好き?
会場
横浜美術館
会期
2018-07-14~2018-09-24
休催日
木曜日(8月16日は開館)
開催時間
午前10時~午後6時
※ただし9月14日(金)、15日(土)は午後8時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般(当日)1,600円 (前売)1,400円 (団体)1,500円
大学・高校生(当日)1,200円 (前売)1,000円 (団体)1,100円
中学生(当日)600円 (前売)400円 (団体)500円
※小学生以下無料
※65歳以上の当日料金は1,500円(要証明書、横浜美術館美術館券売所でのみ販売)
※団体は有料20名以上(横浜美術館券売所でのみ販売。要事前予約 TEL:045-221-0300)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り本展のチケットで「横浜美術館コレクション展」も観覧可

【チケット販売場所】横浜美術館、展覧会公式サイト、電子チケット「スマチケ」、イープラス、チケットぴあ(Pコード:768-788)、ローソンチケット(Lコード:31795)、CNプレイガイド、楽天チケット、Yahoo!チケット、Tチケット、JTBレジャーチケット、主要コンビニ店頭、東京新聞販売店など
※手数料がかかる場合があります。
※セブンチケットでの取扱いはございません。
※一部の販売場所では、取扱いのない券種もございます。
主催者
横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、東京新聞、テレビ朝日
協賛・協力等
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛 トヨタ自動車、三井住友海上火災保険、光村印刷
協力 日本航空、FMヨコハマ、みなとみらい線、横浜ケーブルビジョン、首都高速道路株式会社
概要
印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。

躍動する線。響きあう色。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し。風景にもぐり込んでいくようなクローズアップによって、描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広がり――こうしたモネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれています。

本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像65点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。

なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。本展を通じて、皆さまがそれぞれの「好き」の理由を見つけてくださることを願っています。
イベント情報
学芸員によるギャラリートーク
日時 2018年7月20日(金)、8月3日(金)、8月31日(金)14時~14時30分、9月15日(土)18時30分~19時
会場 横浜美術館 企画展展示室
参加費 無料(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)

市民のアトリエワークショップ
モネの眼、写真の眼
講師:鈴木 理策(写真家)
出品作家のひとり写真家・鈴木理策による「見るということ」をテーマにしたトーク&ワークショップです。
鈴木は、2014年からモネが執着した水面のヴィジョンを主題とした写真シリーズ「水鏡」の制作に取り組んでいます。平らな「面」のうえに立ち現れる、実像と虚像とが折り重なった複雑なイメージの交差を「機械の眼」を介して捉えなおす試みです。
トークでは、シリーズ「水鏡」の解説とともに、「モネ」「印象派と写真」についての考察をうかがいます。またワークショップではご参加の皆さん各自の携帯電話のカメラを使って、写真の視覚を体験します。
日程 2018年7月15日(日)
時間 10時30分~16時(昼休含む)
定員 20名(12歳以上対象、事前申込、抽選)
参加費 2,500円(材料費含む)
持ち物 カメラ機能の付いた携帯電話またはスマートフォン、タブレット端末
申込方法(1)申込フォーム(2)往復はがき
※応募者多数の場合は抽選となります。
申込締切 2018年6月16日(土)必着

子どものアトリエ 親子講座
モネさんの《睡蓮》に挑戦!
《睡蓮》の絵には、画面いっぱいに池の水がひろがっています。水って透明に見えるけど、モネさんはどんなふうに描いているんだろう?
絵を見たあとに親子で自分たちの「睡蓮の池」を描いてみるよ!
日時 2018年8月11日(土・祝)9時45分~12時
対象 小学1~6年生と保護者
定員 15組[1組3名まで](抽選)
参加費 親子2名で2,000円[1人追加で+500円]
申込方法 申込フォーム
申込締切 2018年7月10日(火)
巡回等情報
先行巡回 2018年4月25日(水)~7月1日(日)名古屋市美術館
ホームページ
http://monet2018yokohama.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通案内
1. 電車
みなとみらい線 (東急東横線直通) 「みなとみらい」駅 <3番出口>から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由 徒歩3分、または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分。
JR (京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分。

2. バス
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

3. 車
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。
横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。
いずれも3~5分 (首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

4. 自転車・自動二輪車
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索