タイトル等
江戸の役者勢揃い展
-写楽・春章・豊国らが描くいい男たち-
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2018-02-07~2018-03-25
概要
役者絵は美人画と並ぶ浮世絵の主要な主題で、江戸時代の娯楽の王様である歌舞伎の人気役者を描いた浮世絵です。初期の役者絵は役柄が中心で似顔表現がとられませんでしたが、明和年間(1764-72)に勝川春章らにより役者似顔絵が描かれるようになりました。さらにはその表情を大きくとらえる大首絵が描かれました。
1794 (寛政6)年に登場した東洲斎写楽は役者の欠点まで描くリアルな表現の絵を描きました。しかし写楽の絵は当時の役者ファンには不評だったようです。当時人気があったのは歌川豊国らで、その後三代歌川豊国など歌川派の絵師によって多くの役者絵が描かれました。
今回の展示では写楽の「三代目坂田半五郎の藤川水右衛門」や、勝川春章、歌川豊国、三代歌川豊国らの役者絵を展示いたします。茂木本家美術館の「いい男」たちをご覧ください。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition2.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索