タイトル等
遠くからでも見える人 森北 伸展 絵画と彫刻
会場
十和田市現代美術館
会期
2017-10-07~2018-01-28
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)ただし、2017年10月9日、2018年1月8日は開館・12月25日(月)-1月1日(月)は年末年始休館
開催時間
9時~17時
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
企画展+常設展セット券1000円・企画展の個別料金は一般600円・団体(20名以上)100円引き・高校生以下無料
主催者
十和田市現代美術館
協賛・協力等
後援 東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会
概要
待望の初・大規模個展。十和田市現代美術館常設作品「フライングマン・アンド・ハンター」の秘密が今、解き明かされる!?

十和田市現代美術館の不思議な常設作品、《フライングマン・アンド・ハンター》。建物と建物の間で、空を見上げて初めて見つけられる2体の彫刻です。空中浮遊しているのか、空へ向かって飛び立とうとする一人を、もう一人がつかまえようとしているのか?ユーモラスな姿で私たちに「間(ま)」や「関係」を考えさせます。
この作品の作者、森北伸は、空間を読み込み、素材の特性を生かした素朴な味わいの絵画や彫刻作品を、絶妙なバランスで展示します。作品には人や家、木といったモチーフがよく見られ、環境と作品、建築と作品、人と作品、作品と作品といったさまざまな関係性が「間(ま)」に漂い、詩的なユーモアに包まれます。
本展では、2000年代より着実に制作・発表を重ねてきた森北の初の美術館での個展となります。《フライングマン・アンド・ハンター》からつながる最新作を制作・展示、新たな物語を展開します。「遠くからでも見える人」というタイトルには、森北作品を読み解き、楽しみながらその魅力を体感する、重層的な意味が込められています。人も事物も情報となり、複雑な関係性のうちに、息苦しく、先が見えづらくなっている今の時代に、立ち止まり、自分と周囲を見つめ直すひとときを、十和田市現代美術館で体験してください。
イベント情報
●オープニングトーク
日時:2017年10月7日(土) 13時~14時/会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース/料金:無料※要企画展チケット/内容:本展覧会作家の森北伸と、本展キュレーターの児島やよい(十和田市現代美術館 副館長)が、創作活動や作品について語ります。

●ワークショップ:いえをつくる(仮称)
2017年11月19日(日) 13時~16時/会場:十和田市現代美術館休憩スペース(カフェ)/対象:高校生以上/料金:無料/内容:作家の森北伸氏と一緒にいえを制作し、訪れた方が参加できる作品として美術館休憩スペース(カフェ)に展示します。

※イベントの日時、内容は変更される場合があります。 最新情報は随時ウェブサイトでご確認ください。Details of events to be announced on website.
ホームページ
http://towadaartcenter.com/exhibitions/shin-morikita-ever-present-figures/
会場住所
〒034-0082
青森県十和田市西二番町10-9
交通案内
東北新幹線 東京駅→七戸十和田駅 3時間10分、東京駅→八戸駅 3時間

「七戸十和田駅」から 十和田観光電鉄路線バスで35分「十和田市現代美術館」下車すぐ、タクシーで20分

「八戸駅」から 西口からJRバスで40分「十和田市現代美術館」下車すぐ
東口から十和田観光電鉄路線バスで1時間「官庁街通」下車徒歩5分

青い森鉄道 「三沢駅」から十和田観光電鉄路線バスで30分、「官庁街通」下車徒歩5分

飛行機 「三沢空港」から 連絡バスで15分「三沢駅」下車、三沢駅から十和田観光電鉄路線バスで30分、「官庁街通」下車徒歩5分、自動車で40分、「青森空港」から自動車で1時間30分

自動車 東北自動車道・八戸自動車道を経由、百石道路「下田百石IC」から国道45号線で30分
ホームページ
http://towadaartcenter.com
青森県十和田市西二番町10-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索