タイトル等
坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2
IS YOUR TIME
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
ギャラリーA
会期
2017-12-09~2018-03-11
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日 なお、2/12[月]は休館,2/13[火]は開館)、年末年始(12/28-1/4)、保守点検日(2/11)
開催時間
午前11時~午後6時
(入館は閉館の30分前まで) *12月10日は午前11時-午後3時(入場は午後2時30分まで)
観覧料
一般・大学生 500円(400円)/高校生以下無料
*( )内は15名様以上の団体料金

東京オペラシティアートギャラリーとの相互割引
ICC受付にて、東京オペラシティアートギャラリーで同時期に開催の企画展「単色のリズム 韓国の抽象」「谷川俊太郎展」入場券をご呈示いただくと、本展に団体料金でご入場いただけます。また、東京オペラシティアートギャラリーご入場の際に、本展入場券をご呈示いただいた場合も、団体料金でご入場いただけます(他の割引との併用不可。ご本人のみ1回限り有効)。
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
協賛・協力等
協力:commmons、株式会社キャブ、有限会社ダムタイプオフィス、株式会社イースタンサウンドファクトリー、株式会社シンタックスジャパン、ヤマハ株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン、株式会社リットーミュージック
概要
坂本龍一は、近年、美術展や芸術祭への参加など、展示作品としてのインスタレーションの制作を行ない、これまでの自身の音楽の発表の場と異なる状況で発表を行なうことが増えています。また、音楽活動のみならず社会活動にも重点を置いた活動を精力的に行なっており、その活動は、音楽や社会、あるいは自然や根源的な生の思索へと向かっています。
坂本が2017年に発表した8年ぶりのアルバム『async』は、坂本にとっての新境地であるだけではなく、その音楽自体これまでにない新たな聴取体験をもたらすものでした。また、『async』はCDやレコードといったフォーマットで発表された後に、5.1チャンネルオーディオと3組のアーティストによる映像とのコラボレーションによって展示空間に設置され、「設置音楽」というフォーマットによって提示されました。
本展覧会は、そのタイトルが示すように、「坂本龍一|設置音楽展」(ワタリウム美術館)に続く二番目の「設置音楽」シリーズです。展示される《IS YOUR TIME》は、坂本とアーティスト・グループ、ダムタイプおよびソロ・アーティストとしても世界的に活躍する高谷史郎によって、今回の展覧会のために制作された新作インスタレーションです。
東日本大震災の津波で被災した宮城県名取市の高校のピアノに出会い、近代を象徴する楽器を自然が物に返したと感じた坂本が、そこから音楽の再生を試みながら、物理的な音を感知することだけではない音楽を感覚する場を作り上げます。
イベント情報
・アーティスト・トーク 坂本龍一 高谷史郎
2017年12月9日[土]午後3時より|入場無料

・コンサート
2017年12月10日[日]午後7時より|前売券:3,000円/当日券:3,500円

・設置音楽コンテスト、短編映画コンペティション 入賞作品公開
2017年12月9日[土]より|入場無料

*イヴェントの内容について、詳しくはホームページなどで最新の情報をお知らせいたします。
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/sakamoto-ryuichi-with-takatani-shiro-installation-music-2-is-your-time/
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索