タイトル等
企画展示
モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜
三岸好太郎、ブルーノ・タウト、長谷川三郎……彼らは古い日本に最先端(モダン)を見た
会場
三重県立美術館
会期
2018-01-04~2018-03-04
休催日
毎週月曜日(ただし祝日休日にあたる場合は開館、翌日火曜日閉館)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 900(700) 円 学生 700 (500) 円 高校生以下無料
( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金
・この料金で常設展示もご覧いただけます。・学生の方は生徒手帳・学生証等をご提示ください。・障害者手帳等をお持ちの方および付添いの方1名は観覧無料。・家庭の日(毎月第3日曜日)は団体割引料金となります。・主な前売り券発売場所:チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他
主催者
三重県立美術館
協賛・協力等
特別協力 国際交流基金
助成 公益財団法人三重県立美術館協力会
概要
サンフランシスコに生まれ、シカゴのインスティテュート・オヴ・デザイン(通称、ニュー・バウハウス)に学んだ写真家、石元泰博(いしもと・やすひろ 1921-2012)は、1953、4年に桂離宮を撮影、1960年、建築家W・グロピウス、丹下健三との共著による写真集『KATSURA』を日米で出版し、内外から注目を集めました。これはモダニスト的な視点が日本の伝統美を捉えた代表的な作例と見なされます。
日本の古典美と西洋モダニズムとの親和、類似を見る視点の系譜は、昭和初期にまでたどることができます。前衛画家、三岸好太郎は、モダニズムが究極にまで進んだなかに東洋的なものが現れるという認識を述べました。建築家ル・コルビュジエらのモダニズム建築が日本に紹介された時、日本の伝統建築との類似が指摘され、古建築が再評価されます。1933年に建築家ブルーノ・タウトが来日して桂離宮や伊勢神宮を賛美し、大きな影響を与えたことは言うまでもありません。さらに長谷川三郎やイサム・ノグチといった造形作家も近代的な精神から日本の古典美を改めて評価しつつ自らの創作を行いました。
本展では、伝統的な日本美をモダニストが再評価した系譜を作品や資料によってたどりつつ、そのひとつの到達点として石元の「桂」を位置づけ、このシリーズの代表的な作例50点を紹介します。
イベント情報
○ミニ・シンポジウム「モダニズムと日本的なもの」
2018年2月3日(土) 14:00-16:00 当館講堂にて
Part 1 報告
速水 豊(三重県立美術館館長)
「モダニストの日本美 石元泰博「桂」から振り返る」
谷口英理(国立新美術館 美術資料室長)
「前衛美術と日本的なもの―長谷川三郎を中心に」
梅宮弘光(神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授)
「建築・デザインのジャパニーズ・モダンとジャポニカ・スタイル」
Part 2 パネル・ディスカッション
上記3名のパネリストによる
*聴講無料 事前申し込み不要 参加希望の方は講堂にお集まりください

○ギャラリー・トーク(学芸員による解説)
1月13日(土)、1月27日(土)、2月10日(土)、2月24日(土)
いずれも14:00-
*聴講無料 要観覧券 参加希望の方は展示室入口にお集まりください
ホームページ
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000208276.htm
会場住所
〒514-0007
三重県津市大谷町11
交通案内
■交通機関ご利用の場合

近鉄/JR 津駅西口から徒歩10分、または津駅西口1番のりばより、三重交通バス「西団地巡回」、「ハイタウン行き(東団地経由)」、「夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)」、「総合文化センター行き」のいずれかに乗車2分、「美術館前」下車徒歩1分


■自家用車でお越しの場合

伊勢自動車道津インターチェンジより約15分、料金所を出られてすぐに左折していただくと、美術館への標識が要所にございます。
駐車場の収容台数は約130台ですが、展覧会によっては混雑のため駐車できない場合もありますので、可能なかぎり公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
ホームページ
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/
三重県津市大谷町11
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索