タイトル等
練馬区独立70周年記念展
没後20年 麻田浩展
…静謐なる楽園の廃墟
会場
練馬区立美術館
会期
2017-09-28~2017-11-19
休催日
月曜日(ただし、10月9日〈月・祝〉は開館、翌10日〈火〉は休館)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般800円 高大生・65~74歳600円 中学生以下・75歳以上無料
(その他各種割引制度あり)
※一般以外の方(無料・割引対象者)は年齢等の確認できるものをお持ちください。

[観覧料相互割引]
練馬区独立70周記念展
特別展「描かれた練馬―変わる風景・変わらない風景―」
会期:9月16日(土)~11月5日(日)
会場:練馬区立石神井公園ふるさと文化館(西武池袋線「石神井公園」下車徒歩15分/問合せ:03-3996-4060)
*本展と上記展覧会にて相互割引を行います。会期中、それぞれの展覧会の半券を各館窓口でご提示いただくと、各種料金から100円引きでご覧いただけます。(1枚につき1名様有効)
主催者
練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)、日本経済新聞社
概要
麻田浩(1931~97)は、日本画家、麻田辨自(1900~84)を父に、同じく日本画家、鷹司(1928~87)を兄に持つ、美術家の一家に生まれました。同志社大学経済学部に入学するものの、画家への道は捨てきれず、新制作協会に出品、在学中に初入選を果たします。
初期にはアンフォルメルに傾倒しましたが、1963年、初めてのヨーロッパ旅行にて古典絵画を再確認したことで、徐々に変化が表れます。1971年、39歳のとき再度渡欧。パリを拠点に、より幻想的な風景画を生み出し、新制作展や安井賞展などに出品し続けました。また、ヨーロッパ滞在期には版画制作にも力を入れ、カンヌ国際版画ビエンナーレではグランプリを獲得。フランス・ドイツ・ベルギーなどでも個展を開催しています。
1982年、50歳で帰国。京都に戻り、京都市立芸術大学西洋画科の教授を務めながら、水滴や羽根などの自然物を配した「原風景」とともに、「原都市」と名づけられた美しき廃墟空間を描き続けました。1995年には京都市文化功労者となり、同年に第13回宮本三郎記念賞を受賞するなど活躍を続けていましたが、1997年、65歳で自ら命を絶つこととなります。本年は麻田が没して20年という記念の年にあたります。初期から晩年まで、約140点の油彩画、版画等を通し、麻田の画業を振り返る展覧会です。
イベント情報
*❶~❹の事業は要事前申込・抽選です。詳細は当館ホームページをご覧ください。

❶特別講演会…会場:当館視聴覚室 定員:中学生以上 70名 費用:無料
*参加には観覧券(当日以外の半券でも可)が必要です。
A「麻田浩をめぐって」 講師:粟津則雄(美術評論家)
日時:10月22日(日)午後3時~4時30分 【申込締切】10月6日(金)必着
B「麻田浩」再考 講師:山野英嗣(和歌山県立近代美術館館長)
日時:10月28日(土)午後3時~4時30分 【申込締切】10月13日(金)必着

❷鑑賞プログラム「トコトコ美術館vol.22 テーマ:みず」
日時:A9月30日(土)午前10時30分~12時 B午後2時~3時30分
C10月1日(日)午前10時30分~12時 D午後2時~3時30分
講師:当館学芸員 定員:3~6歳の未就学児+保護者・各回5組
費用:無料 *保護者の方は当日の観覧券が必要です。【申込締切】9月15日(金)必着

❸貫井図書館×練馬区立美術館ワークショップ
「麻田さんの絵を見てコラージュしよう!―切って貼って作品作り―」
日時:10月8日(日)午後1時30分~4時30分
講師:藤田百合(女子美術大学非常勤講師、エデュケーター)
定員:小学生~大人・20名 費用:無料 *当日の観覧券が必要です。
【申込締切】9月22日(金)必着

❹美術講座「版画 カラーエッチングに挑戦」
日時:10月14日(土)・15日(日)午前10時30分~午後5時【2日制】
講師:岡さなえ(版画家) 定員:中学生以上・15名
費用:3000円(材料費)*講座初日の観覧券が必要です。【申込締切】9月29日(金)必着

❺ギャラリートーク
10月7日(土)午3時~ ゲスト:佐藤泰生(画家)
11月4日(土)午3時~ ゲスト:麻田弦(麻田浩長男)
*事前申込不要。当日の観覧券が必要です。

❻記念コンサート
日時:11月3日(金・祝)午後3時~4時 会場:当館ロビー
出演者:伊藤万桜(ヴァイオリン/東京音楽大学大学院在学)
山崎早登美(ピアノ/東京音楽大学弦楽科非常勤講師[伴奏・室内楽])
※専用座席(50席)。着席希望の方は整理券をお渡ししますので、受付にて観覧券をお求めの際にお申し付けください。当日10時より、先着順にて配布します。なお、ロビー設置ソファ、立ち見でもご鑑賞いただけます。*事前申込不要。当日の観覧券が必要です。*託児付特別座席があります(事前申込・抽選)。詳細は美術館ホームページをご覧ください。

❶~❹の申込方法…①講座名(❶はAB、❷はA~Dの別も)②住所③氏名(ふりがな)④年齢(学年)⑤電話番号を記入の上、往復ハガキまたはEメール(event-museum@neribun.or.jp)にて練馬区立美術館へ。Eメールののタイトルは、「(希望イベント)申込」〈例「○月○日講演会」申込〉と記載すること。
*1通につき2名、❷は1組(子ども2名+保護者1名まで、連名で記入)申込可。
*1つのイベントにつき1通のハガキ・Eメールで申込のこと。まとめての応募は不可。
ホームページ
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201706081496892744
会場住所
〒176-0021
東京都練馬区貫井1-36-16
交通案内
【鉄道】
西武池袋線 「中村橋」駅 徒歩3分
※改札は1か所です。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方面に130メートル先の右側です。

都心からも意外に近い!
・池袋駅から 16分 (西武池袋線 各駅停車利用)
・渋谷駅から 約30分 (東京メトロ副都心線直通 急行利用)
・有楽町駅から 約40分 (東京メトロ有楽町線直通 各駅停車利用)
・六本木駅から 約40分 (都営大江戸線利用、練馬駅で乗換)

【バス】
関東バス 「中村橋」停留所より 徒歩5分
・阿佐ヶ谷駅北口~中村橋 【阿01】系統 終点
・荻窪駅北口~中村橋 【荻06】系統 終点
・荻窪駅北口~練馬駅 【荻07】系統 「中村橋」下車
ホームページ
http://www.neribun.or.jp/museum.html
東京都練馬区貫井1-36-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索